手品な戯言」カテゴリーアーカイブ

リングフライトと言うマジック

 リングフライトと言うマジックがある。
 現象を簡単に説明すると、お客さんからお借りした指輪(リング)が消失して、マジシャンのポケットの中にあったはずのキーケースにつながって出てくる。と言うマジックである。
 かなり不思議で不可能設定度は高いので、結構愛用しているマジシャンは多い。
 (阿呆なマジシャンほど借りた道具でマジックをしたがると言う傾向があることは否めないけれど)
 ただし、このマジックはそのキーケースにタネ(仕掛け)があり、キーケースのキーを繋げる部分がリール(巻き戻る)になっていて、見えないように指輪を繋いで、キーケースまで飛ばす(巻き戻す)と言うタネである。
 単純に考えて、指輪(リング)をキーケースにつなぐ時点、そしてそれを飛ばす時。その2点において指輪(リング)に傷がつく可能性が否定できない。むしろ、かなりの確率で傷がつくと言っても言い過ぎではない。
 まともな神経を持った人間なら、指輪の選別を慎重に行う。
 私なんぞは、指輪を借りて行うマジック全般で、数千円程度(問題なく弁償できる額)のファッション的な指輪であることを確認してから行うようにしている。

 さて、本題。
 もう何年も前の話しになるので今更だけど、某マジックバーでの出来事。
 マジックバーのスタイルとして、何組かのお客さんに同時にまとめてショーを見せることは普通にある。
 そんな時にマジシャンが「指輪を貸して欲しい。」と言い出した。同席に女性も多かったのだが、若い子が多く、ファッション的にも指輪をしている人がいてなくて、「左手の薬指」に指輪をしていた私が指輪を貸すことになった。
 この時点でまともな人間なら、無難なマジックをして終了するところである。バーマジシャンはバカなので、「このマジックをする。」と決めたら臨機応変に対応できないのであろう。あろうことか、人様が「左手の薬指」から外した指輪でリング・フライトをおっぱじめた。もしかすると、バーマジシャンはバカなので、左手の薬指に嵌っている指輪が婚約指輪と言うことも知らないのかも知れないけれど。
 もちろん、非手品人からしたら「貸した指輪がキーケースに繋がってでてくるだけ。」のマジックである。
 しかし、傷がついたりする可能性のあるマジックをよくもやってくれたものだ。
 もともと、ずっと嵌めっぱなししている指輪なので、いたるところに小さな傷があり、新たにひとつくらいだったら小さな傷がついてもわからないのだけれど、もしも大きな傷がついたり、嵌ってあるダイヤが外れたりしたら、「テメーら雇われバーマジシャンごときの収入からみたら安くは無いぞ。」って言いたいし、そもそも「左手の薬指」に嵌っている指輪が金で解決できるものでもないと言うことは、一般的な感覚をもっていたら理解できるはずである。(もちろん、一般的な感覚をマジシャンなんぞに期待はしないけれど)。

 不思議であれば、思考が停止する。それがマジシャン。

メンタリストは心理学者ではありません

Facebookに表示された広告より。

メンタリストDaiGo(*1)監修「with」
心理学を使った恋愛・婚活マッチングアプリ



よもや騙される人も少ないと思いますが、突っ込んでおきます。
まず、メンタリスト・メンタリズムと言う言葉は心理学の用語でもなければ、一般用語でもありません。ただ単にそれっぽさを出すための造語です。そのこと自体はなんら問題もないと思います。
そして、彼(DaiGo)が行う、行なっているメンタリズムの演技は、心理学っぽく見せる演出であり、実際には手品です。
みなまで書かなくてもいいかと思いますが、手品にはタネも仕掛けもあります。そして、そういう演出をすることも問題ないと思います。あくまでも演出の範囲で。
手品ファンとしては、この手の広告の様に手品であるのに、それを偽って詐欺的に使われることに怒りを覚えると同時に、手品師[マジシャン]がこう言う形で手品を切り売りしないといけない手品業界の程度の低さに悲しみを感じます。
例に洩れずDaiGoも、あれやこれやで色々と大変なんだとは聞いています(*2)。しかし、人としての道は踏み外しても、手品師としての道まで踏み外してはいけないと思う。

話は別の方向に翻って。
このアプリあるいは広告のイメージとしては、心理的に相手を操って恋愛成就や結婚(婚活)に繋げたいと言う趣旨だと思う。
が、そのようなものに頼っている時点で駄目だと思う。もっと自分を磨いた方が手っ取り早いし、この手の詐欺に騙されるようでは、伴侶を見つけたつもりが騙されて終わるような気もします。



(*1)今はめっきり見なくなりましたが、一昔前に流行ったマジシャンの一人です。個人的な一番の謎は「メンタリズム」「心を操ります。」などと言いながら、ちょいちょいスプーンやフォークを曲げていたことです。それって・・・。
(*2)Youtubeや他のサイトを見ていると、みなさん好き勝手言ってますね。嘘か本当か、本人の談もあったりして。業界内で実しやかに噂されていることとはかけ離れていますが。



ちょっと調べていたら、むちゃくちゃメンタリズム・メンタリストをバカにしたマジシャンの動画が見つかったので参考まで。>こちら

メンタリズムでクロージングを語らないでほしい。

タイトル:商談で相手が○○したら、その日は無理にクロージングするな! 97%の人を操る「マインドリーディング」とは(SBクリエイティブOnline) 公開日 2015年08月26日 10:00
本文:
美輪明宏も絶賛!アジア最強のメンタリストが伝授!
人間の心を読み、思考と行動を操作する香港大学の人気講義
「メンタリズムコース」がついに日本上陸!
Daigoをも凌ぐと言われる、アジア一のメンタリスト、
ロミオ・ロドリゲス Jr.氏が伝える、
読めば誰でもマインドリーダーになれる本。
『97%の人を上手に操る ヤバい心理術』より
Copyright(C) SB Creative Corp. All Rights Reserved.

---ここまで引用---

元営業職からみて、手品師に「クロージング」を語られたくねぇよ。っと1年前に思った。そして、今更ながらに感想をまとめてみる。なお、リンク先の動画は時間の無駄なので見ていない。

そもそも論で言ってしまうと元も子もないのだが、マジック(手品)にはタネ・仕掛けがあるので、マジシャンが「人間の心を読み、思考と行動を操作」はそもそもできないし、していない。
そして、マジックなので絶対に失敗しない(*1)。本当に心を読んだりしているわけではなく、タネによってそう見える様に演出しているので絶対に失敗はしないし、失敗していたらマジックではない。(「マジックではなくメンタリズムだ!」とか言う戯言は却下(笑))
例えば心に思っただけの事(初恋の人の名前や好きな料理、今思いついた数字など)を、当てたりできるわけがないことは言うまでもない。つまりは、心が読めている様に「見せかける」のがマジックである。なぜ言い切れるかというと、本当に人の心が読めるのであれば「マジシャンなんて職業」をしてない。
つまり、TVなどでメンタリズムやマインドコントロール、最近ではブレインダイブと称した手品師が心を読んだり、マジシャンの予言通りの答えを導き出させ、心理を操作しているが、それらはすべて「そう見える。」だけである。
「なんたらJr」もTVなどでは、ブームに合わせて、「サイキックダイバーだの、悪魔の力だの、スピリチュアルパワーだの、マインドリーディングだの」と、いろいろと語っていた(web検索調べ)。この一貫性の無さが如何に適当なもの(=手品である)かを、別の角度から物語っている。
つまり、心の中を読んでいる様に見えて、実はタネ・仕掛けによって誰でもその答えがわかるようになっている。また、心理を操っているようで、その実(タネは)数学的なトリックやマジシャンズチョイス(*2)などを用いているだけである。
なので、97%の人(商談相手)を操る「マインドリーディング」と言うのはマジシャンが語るべきことでない。こんなのは詐欺師の戯言である。
もちろん、マジックとしての「心が読める」や「思考を支配する」と言う演出は問題ないが、マジック以外の場(この場合は商談のクロージング)にまで言及し出すと、それは詐欺である。
あとは言葉尻だけど、メンタリズムってなに?。心理術ってなに?。「心理学」でないものをカタカナや少し表現を変えて、まるで心理学の様に装っている。
心理学といえば嘘になるので、似た言葉で、誤認させる手段はまさに詐欺師の常套手段。
実例で言うと、「消防署の方から来ました。」と言うのは消防署の方[かた](関係者)ではなく、方角的に消防署の方からやってきたと言う意味で、与える印象は「消防署関係者」である。これと同じ原理である。
つまり、心理学っぽいが、心理学的要素は0%。それがメンタリズム、マインドコントロール、サイキックダイバー、ブレインダイブ、スピリチュアル、悪魔の力、マインドリーディングという事である。
マジック(手品)ファンとしては、こういう、まやかし、戯言・寝言にマジック(手品)が悪用されるのは大嫌いなのでまとまってないけれど、思うところを書きなぐってみた。

(*1)マジックは絶対に失敗しない:演出として、「失敗するかも?」と思わせることはマジックの要素として大切。ただ、よっぽどの不運がない限りマジックは絶対に失敗しないくらい簡単なタネから成り立っているか、もしくは失敗しないところまで練習して人前に立つべきものである。あと、失敗しても同業者(マジシャン)でもない限りそれが失敗と気がつかないことも多い。もちろん、演技中に震度6の地震がきたら失敗するかもしれない。しかし、そのような状況でも失敗しないレベルまで鍛錬するのがマジックであり、本物のマジシャンである(ほとんどいないけれど)。
(*2)マジシャンズチョイス:観客が自由に選んだ様に見せて、実際にはマジシャンがことば巧みに観客を誘導し、観客が選んだ様に見せる技法。たとえば、2冊の本がありAとBとする。観客にAを渡し、マジシャンがBを保持したい場合があったとする。
1.観客がAを選んだ場合、「あなたはあなた自身でAの本を選びましたね。余ったBは私が持っています。」と言う。
2.観客がBを選んだ場合、「ではその本を使いますので私にください。余った方のAは入れ替えなどができない様にあなたがしっかりと持っていてください。」。
と、どちらを選んでも観客がAの本を持ち、マジシャンがBの本を持つのだが、この結末はまるで観客自身が選んだ様に見える(応用すれば、心を操られたように思える)。

(参考)心理学者の方からみたメンタリズム>心理学者 メンタリズムの嘘・イカサマを暴く

SNSにおけるマジシャンたちのアピールの分析

 最近はSNSで誰でもが情報発信できる時代になった。
 (いわゆる)プロマジシャンたちもこぞって色々とアピールしている。そこで、特に多く見られる3つのアピールを分析してみた。

アピール1:「プロは観客を楽しませる必要があって大変だ。」
 マジックが演芸の一種であり、観客がいてることが前提である。なので、プロだからと言って、「観客を楽しませること」を、殊更[ことさら]に強調することでも無い。
 つまり、マジシャンたるものプロ、アマに関係なく観客を楽しませる必要がある
 なのにわざわざそれをアピールするのは、言外に「我々プロはアマチュアとは違うレベルで物事を考えて演技しているんだよ。」と言うアピールが含まれているのであろう。
 残念ながら、マジック業界においては、むしろアマチュアの方が、アマチュアだからこそ趣味として全身全霊をかけて観客を楽しませることを考えている傾向がある(様に見える)。
 それらを口にする(投稿する)ことで、社会に適合できずに手品でどうにか食いつないでいるだけの自称プロが、中身のないプライドだけを保っているだと推測できる。
 (海外は知らないけれど)日本における(いわゆる)プロマジシャンのレベルがいかに低いかがよく分かる現象だと思う。
 ※「いわゆる」とつけているのは、「本物の」プロマジシャンと区別するため。
 こう言う言い方はどうかと思うが、「アマチュアの方々の大半は社会に貢献する立派な仕事をしながら、マジックでも観客を楽しませている」のであって、アマチュアとして対比としてプロだからどうだとか、こうだとか言われる筋合いはないし、言われたくもない。

アピール2:「すごい時間・量のマジックの練習している。」
 職業なんだからすごい時間・量の練習をするのは当たり前。それをアピールする姿は恥ずかしい。
 料理人は料理の勉強、研究、試行錯誤を繰り返し、法律に携わるものは日々生まれる新たな法律を勉強し、新たな裁判事例を研究する。なぜならその道のプロとして当たり前のことを当たり前のようにしているだけ。
 だが、この業界の中にはあまり練習もせず稚拙な演技を披露している人が多い。アマチュアの私から見ても容易に分かり得るレベルである。
 なので、少し練習した程度で、自分は他の(練習しない)プロとは違うとアピールしたいのかも知れない。

アピール3:「我はプロ様である。我に無料や友達価格で仕事を頼むな」
 最近(2016年)、このネタを投稿するマジシャンが多い気がする。ブームなのか?
 アマですら客を選んでいる中、客も選べ無いのに本当にプロか?と問いたい。
 「嫌なら断れば済む話しである。」
 しかし、こららの投稿のコメントには同業者から賛同・賛美で埋め尽くされる(笑)。マジック業界の程度が低いことが投稿のみならずコメントからも読み取れる。
 そんなしょーも無いことをブログなりSNSなりで愚痴ってる暇があるなら練習とか研究しろよ、プロとして。と、言わざるを得ない。

‘16.02.20

タネの共有って何?


番組内で、何かマジックを教えてくれと言われて、
「マジシャンはタネを共有してるので、(タネを)教えることはできないんですけれども。」と前置きしておきながら、このあとパドルムーブと言う、多くマジシャンがタネを共有している原理を解説していた。
種明かしの良し悪しを語るつもりは無いし、私にはその権限も無い。
ただ、マジシャンたちの自分勝手なダブルスタンダードにはあきれ返るばかり。
(このマジシャンがパドルムーブを考案したわけでもない。)

で、よくよく考えたら、「タネの共有」って何なのだろうか?
本当にそう思うのであれば、パドルムーブの種明かしもダメでしょ。
それ以前に別に共有してないけどね。

マジックはただ不思議なだけ。

とあるテレビ番組でのやりとり。

六代目 桂文枝
「手妻とマジックはどう違うのですか?」
藤山大樹
「手妻と言うのは、型、そして見立てと言う大事な要素があるんですが、それが入っているのが手妻。そしてマジックと言うのはただ不思議で、驚かせるだけで終わってしまう。その違い。」

確かに、「ただ不思議なだけ。」なプロマジシャンも多い(特に、トランプとかコインと、チマチマした袖珍マジックしかできないバーマジシャン)けど、それは言い過ぎな気がする。
マジックにも演出とか見栄えとか大切な要素はたくさんあると思うし、数は少ないけれど、娯楽としてマジックを供給しているマジシャンもいてるのだから。

加工硬貨(ギミックコイン)について

 日本の加工硬貨(ギミックコイン)について思うこと。
  まず、2014年現在、日本において硬貨を削ったり、傷つけたりすることは違法です。
 ただし、単純保持(持っていること)は違法でないです。つまりギミックコインを作った人は法により処罰されますが、それを購入して持っていても罰則はありません。なので、使っている人がいたからと言って、何ら悪くはないです。
 先に結論を申しますと、所持することが違法でなくても、違法な過程を経てできた加工硬貨を使うことは、私の美徳からすると許せることではありません。
 なので、個人的に(特にプロなどは)「あぁ、やっぱりマジシャンなんて所詮その程度の職業だよな。」って思うだけです。


 <本題>
 比較的モラルの低い業界ですので、業界の標準としては残念ながら、「持っていることは違法ではないからいいじゃない。」と言う考え方が主流だと感じます(TVに出演しているプロですら使っていますし)。
 その考えが主流だと言う証拠に、実際に硬貨を加工して逮捕者がでた時に、加工硬貨について報道したマスコミ(メディア)を相手に裁判所に訴えを起こしました。
 放送内容は、穴を開けた硬貨(タバコが通るようになっており、パっと見は表面からは蓋が閉まります)や、3つ折りに出来る硬貨(口の細い瓶を通せます)などなどの加工の手口のです。加工の手口=犯罪行為の核心部分なので放送するのは当然です。
 その時に、一部のモラルのないマジシャンたちはあろうことかTV局を相手に「お金をだして買ったマジック道具のタネが世間にばれて損失を被った。」として、裁判所に訴えを起こしました。
 裁判の結論は「棄却」。つまり、「その訴えは裁判要件として全くお門違いである。」と言う判断でした。まぁ、普通に考えたら火を見るより明らかな結論で、マジシャン以外はこの結末を予測できていましたが・・・。
 結果として、マジシャンたちが騒ぐことでより世間にそれらのタネを知らしめただけでしたし、多くのマジックをしない人たちは興味がないので、どうでもよかったことです。
 当然ですが、悪いのは法律を破った人(マジシャン)なので、あえて言うなら、その訴えを起こすなら、相手はメディアではなく、硬貨を加工して逮捕された連中です。もちろん、その場合でも棄却だったでしょうが・・・。
 その時いろいろと(プロとして生業にしている人ですら)くだらない言い訳をしていました。
 ・誰にも迷惑をかけていないからいいだろ?
 法律とはそういうものではありません。本当にそう思うのなら、まずは法律を変更する運動をすべきでしたね。
・昔に出来た法律で今は意味がない。
 法律とはそういうものではありません。本当にそう思うのなら、まずは法律を変更する運動をすべきでしたね。
 これについては、確かにできた当時とは情勢が変わり、今はほとんど意味のない法律です。ですが、逆にマジシャン以外はそのまま存在し続けても困らない法律なので、現代まで放置されている経緯があります。
・海外に日本の硬貨を持ち出して加工すればいいんだろ!
 これを実行して結局逮捕されていた人がいましたので、駄目です。
 それ以前に、どうしてマジシャンと言う人たちは法を守ろうと言う意識が働かないのでしょうか?
・単純所持は大丈夫
 その通り!
 ですが、違法な工程を経てできた物を所持することに対する違和感がないことに、侮蔑の念を禁じえません。
 今でも日本の加工硬貨を使っている人は多いですが、一部の真面目なマジシャンからすると、同類だと思われるのが嫌なので、早く業界自体が自浄作用でそういう考えが間違いだと気が付いて欲しいものです。



参考:
セロも使っている違法硬貨(違法コイン)
 マリックもガラス瓶に貫通する500円硬貨で、磁石入りの500円硬貨を使っていますが。
とあるアマチュアマジシャンとのTWITTERでのやりとり

ビルチェンジについて

 手品の王道の一つでもある1000円札が10,000円札に変わるマジック。
 お金に関するマジックなので大人受けがよろしく、バーなどで良くみる。
 大抵はお客様から千円札を借りている。
 私は疑問を感じているが、「お客様から借りたものの方が不思議さが増す。」と言う理由から本マジックに限らず借りた物で現象を起こすのが好きな方(マジシャン)が多い。しかし、私はこの意見には疑問を持っている。その当たりはまた別の機会に。
 閑話休題。
 この手品は、お借りした千円札を一万円札に換えるわけだが、口上はそれぞれ違うにせよ、結果としては一万円札を再び千円札に戻して、お客様にお返しするのは千円札なわけだ。
 もちろん、実際問題として、そのまま一万円札を返却することはほぼ不可能です(マジシャン自身が9,000円の赤字を覚悟するか、それに変わる何かがあれば別だけれど)。
 しかしながら、千円札が一万円札に変わって盛り上がりもピークなのに、そこからまた千円札に戻ったときの喪失感というか失望感と言うか、つまらない空気に必ずなるような気がする。
 つまり、一万円札のまま返却できないのであれば、なまじお札を借りないか、そもそもこのマジックをすべきじゃない。とすら思っている。
 が、数多くの方が演じられている事を勘案すれば私の考えが異端なんだと思うし、千円札に戻しても盛り上げられる腕がないからだと言われたらそれまでだけど、千円札に戻って盛り上がっているのを見たことない。
 個人的にはそもそも借りず、自分の千円札を(改めも特に必要ないと思うけれど)改めてもらってから一万円札に変わったところでこのマジックをやめるようにしている。口上としては「マジシャンがお金に困らない」などの話しをしながら。
 借りたときは「ではこの一万円札を2枚に増やします。」として五千円札で2枚にしても良いかな?っと思うが、実践したことないので、機会があればそのパターンも演技してみたいと思う。
 ただ、なんにしてもお金(お札)のマジックは(下衆かもしれないけれど)夢があって盛り上がるのでレパートリーからははずせない。

‘111002

誰が演じるか

 手品をしていて、時折議論になる「面白いマジック」と「面白くないマジック」。
 比較的、誰が演じても面白いマジックや、逆に面白くないマジック。っと言うのは確かに多少なりとも偏りはある。
 しかしながら、面白いと言われているマジックでも「面白くなく演じる」方や、一般的に面白くないといわれているマジックを「面白く演じる」方がいてる事実がある。
 基本的にこの議論はナンセンスなのかもしれない。
 結局、マジックと言うのは種が秀逸であれば、マジシャンの能力を問わず不思議を表現できる。
 (もっとも怖いのは、それが「受けている」あるいは「自分のパフォーマンスがすばらしい」と勘違いすること。)
 結論は、
 「マジックは、何を演じるかではない、誰が演じるか」である。
 清潔感のない見苦しいマジシャンがどんなマジックを演じようが、それは不思議であっても面白くはない(少なくとも私は見たくない)。

 醸し出す雰囲気も大切。
‘101101

ここが変だよマジック業界

・マジックブームを嫌う。
・「日本人はマジックをエンターテイメントとして見てくれない。」と嘆く。
 ⇒エンターテイメントを提供していないに。
・不思議であれば不自然さが気にならない。と思っている。
・プロマジシャンがやたらと偉そう。
 ⇒誰でもプロになれる業界なのに。
・すぐに見せたがるくせに、すぐに金を取りたがるアマチュアが多い。
 ⇒道具にお金がかかるからと言うけれど、趣味にお金をかけられないないくらいなら働け。
・「セロの(映像)トリックはマジックではない。」と言い張る。
・プロマジシャンに社会的常識がない奴が多い。
 ⇒浪花恋しぐれではないけれど、「芸人」の世界なので仕方ない部分もあるけれど、そもそも社会経験のない奴が多すぎ。

‘100630