消風散」タグアーカイブ

ウラル甘草[うらるかんぞう](甘草[かんぞう])

<甘草:原形>

防風[ぼうふう]

<防風:刻み>

<防風:盧頭>盧頭[ロズ]=薬用植物の根や茎で、薬用にならない部分(小学館:精選版日本国語大辞典)

当帰[とうき]

<当帰:刻み>

<当帰:花>20170702武田薬品京都薬用植物園にて

<当帰:原型>

細葉朮[ほそばおけら]&支那朮[しなおけら](蒼朮[そうじゅつ])

細葉朮[ほそばおけら]&支那朮[しなおけら]も蒼朮[そうじゅつ]として利用されるため、本ページに両方を記載。

<蒼朮:原形>

<蒼朮:原形の断面>真ん中の白朮が一番ピントが合っています。

<蒼朮:原形:長手>少し小ぶりかな?

<細葉朮[ほそばおけら]:源植物>20170924武田薬品京都薬用植物園にて

荊芥[けいがい](荊芥穂[けいがいすい]、荊芥梗[けいがいこん]、荊芥炭[けいがいたん]、土荊芥[どけいがい]、假蘇[かそ])

<荊芥穂:刻み>

<荊芥穂:原形>



(メモ)
荊芥穂:花穂のみ。荊芥梗:茎葉のみ。土荊芥:全草。荊芥炭:荊芥穂を黒くなるまで炒ったもの。(参考:漢方くすりの事典)