麦門冬湯」タグアーカイブ

棗・夏芽[なつめ](大棗[たいそう])

<大棗:刻み>



中国で一般の人に大棗[dà zǎo]と言っても通じないことがある。大抵の人は紅棗[hóng zǎo]と言う。

ウラル甘草[うらるかんぞう](甘草[かんぞう])

<甘草>20181012 京都大学薬学部薬草園にて

<甘草:原形>

蛇の鬚[じゃのひげ](麦門冬[ばくもんどう])

<麦門冬:原形>噛むと、ちょっとねとっとしている。(粘り気がある)


<蛇の髭:花>20170810:中津東公園

烏柄杓[からすびしゃく](半夏[はんげ])

<烏柄杓:花芽>20180629 自家栽培:もうすぐ咲きそう。

<半夏:原形>

<半夏:原形:珍珠>

<メモ>
20161218
 半夏は食べると喉がチクチクとすることは有名。当然、知識としては知っていたけれど、結局のところ好奇心には勝てず。
 手元にあった珍珠(小さい半夏のこと)を最初は恐る恐るかじってみる。・・・何の反応もなし。今、思えば反応まで少し時間がかかるのでここでやめておけば軽い被害で済んだのかも知れない。
 「余裕・余裕」と残りをすべて食べてから十数秒後にそれは来た。無限の小さな針(尖った結晶)みたいなのが、喉とその周辺を突き刺し続けている感じ。擬音で表現すると「チクチク」×数万個。少なくとも最初の3時間くらいは何もやる気が起きないほど。水を飲んだり、何かを食べたりしたけれど、まったくもって治[おさ]まる気配はなし。
 これまた、「半夏」の解毒をするために漢方には「生姜」が一緒に配合されている(例外あり)と言うのも、知識としては知っている。なので、生姜(しょうきょう)をそのまま大量に食べてみたが、一向に治まる気配も多少なりとも楽になることもなし。「一緒に煎じる。」ことが必要だと学ぶことになった。

御種人参[おたねにんじん](人参[にんじん]、紅参[こうじん]、白参[びゃくじん])

<紅参:刻み>

<人参:原形>

<人参:原形(生)> 野生15年もの(種を蒔いて15年後に収穫したもの)

<人参:刻み>