マジック

手品師、いつでもどこでもお金を増やすことができるわけではございません。

偽造保険証でスマホ詐取容疑 手品師を再逮捕、警視庁
偽造の健康保険証を使いスマートフォンをだまし取ったとして、警視庁葛西署は有印私文書偽造・同行使と詐欺の疑いで、東京都江東区東陽、手品師、森山尚平被告(39)=詐欺罪などで起訴=を再逮捕した。調べに対して容疑を認め、「指示役から頼まれた」と供述しており、同署は背後に詐欺グループがいるとみて捜査している。(以下、省略)

産経新聞https://www.sankei.com/affairs/news/190827/afr1908270034-n1.html

 この類の事件があると「手品(マジック)でiPhoneくらい増やせばよかったのに」とか「脱獄のイリュージョンはお手の物」などと揶揄されるのが、マジシャンあるある。

 事件じゃなくても、「今月、(お小遣いが)ピンチなんだよね。」って言っただけで「手品でお札を増やせばいいじゃん。」などと言われる。そんなマジシャンあるある。

 10年ほど前にも振り込め詐欺で捕まった手品師がいたけれどまた詐欺ですね。

 いずれの場合も「やっぱり手品師は人を騙すのがうまそう。」とか言われる。どんな犯罪もダメですが、特に詐欺は全体のイメージを悪くするからやめていただきたい。

 他人名義の免許証およそ290枚、偽造された保険証25枚などが押収されていて、3年くらい前に誘われたとのこと。余罪はたくさんありそう

 しかし、記事に「指示役から頼まれた」とあるが、アルバイトか何かの程度のつもりでやってたんだろうか?


(20190904:追記)

 どこかで聞いたことがある名前だと思った。そして、調べたら14年に接点があった。忘れていた。

日時:2005年11月15日(火)
場所:上野Who’sFoods(マジシャン=森山尚平)
人数:3名+ゲスト1名
内容:マジック見学
 関東支部の2名と私(ヨコヤマ)の会員3名で上野にあるマジックの見られる居酒屋でマジック見学会。
三越テンヨーのディーラーである森山尚平氏がホッピングでテーブルを回って見せてくれる居酒屋。(落ち着いたダーツゲームなんかも楽しめる落ち着いた居酒屋である。)
 当日は森山尚平氏がテンヨーのディーラーであることは知りませんでしたが、次の日にテンヨーに行ったらディーラーをしていてびっくり。
 二次会は、場所を変えて個室のある居酒屋で、発表会、情報交換会を行う。

北新地奇術倶楽部HP、活動報告より>http://www.kitashinchimc.info/?p=97

 北新地奇術倶楽部のブログ中の私(ヨコヤマ)とは、本ブログ中の九森空(こと、横山)のことです。

 当時、森山尚平氏は25歳。テンヨーのディーラーをしているだけあって、感じの良い青年だった印象がある。

 袖振り合うも多生の縁とも言いますし、なんだか後味が悪い

 そして、今回一つ学んだこと。

 手品師と言うのは、演技のその時だけでなく、見ていただいた観客の思い出にも参画している。手品師たるもの、その後もその方々の思い出を汚すようなことはしたくないものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。