• 読後感

    タネの未来(僕が15歳でタネの会社を起業したわけ):小林宙

    タイトル:タネの未来
    初版:2019年9月20日
    発行:(社)家の光協会
    著者:小林宙[こばやしそら]

     

     高校生が書いた本と言うことで、「若い子が頑張っているんだね。」的な見方をしてしまうかもしれない。しかし、感想としては、年齢は関係なく一つの作品(書籍)として読んだ方が面白い。なので、副題について、商売として消費者の興味を引く(販売数を増やさないといけない)ために必要と言う点は理解しつつ、個人的な感想としては(副題は)不要だと感じた。副題(15歳で起業)のインパクトに引っ張られて、高校生のサクセスストーリー的な読み物かと勘違いしてしまう。もちろん、読み進めればすぐにそうではない事に気がつくが。

     内容は、純粋に地域に残る伝統野菜を残して行きたいと願う青年の思いと、なぜその考えに至ったのか、なぜ残していく必要があるのか、そして伝統野菜が消えていっている事実とそれらを残すための障壁がなんであるか、問題点はどこにあるのかなどが色々な角度から問題提起がなされている本である。

     主題からは少し外れるが、自分自身の事業について、目的をはっきりとさせ、その過程をシミュレートしたり、問題点があれば解決方法を様々な方面から模索する思考などもしっかりとしている。「営業マンをさせたらトップセールスになれるだろうなぁ。」とも感じた。本文の中にそう思わせることが多々あるが、例えば、販売用のタネ袋を考える際に、アブラナ科のタネはポリ袋に入れると静電気で取り出しにくく「こういうデメリットは、商品にとっては地味に大きい。」と言う内容の記載があったり、タイと日本の郵便制度のちょっとした違いで日本で郵送によるタネの交換会があまり多くない理由についても「利用者が爆発的にふえるのか、まったく増えないかどうかの違いは、本当に些細なハードルだったりするのだ。」と小さな問題点も見逃さず、そこから解決方法を模索していく。こう言うところに関心させられた次第。

     純粋にタネ(植物)の話としては、F1種、固定種、GM品種などの単語を聞いたことがない、あるいは聞いたことはあるがよく分からないと言う方の方が色んな発見があって面白いと思う。本文中にもあったけれど、植物からタネが採れるのが当たり前と思っている方も多い(と言うか、大半はそう)でしょうし。

     あとは、主題の通り、タネをめぐるさまざまな問題提起もされている。しかしながら、一方に偏ることなく、俯瞰的に見てメリット・デメリットを天秤にかけている内容であり、著者の考えは少し垣間見える程度。これに関しては当然なのかもしれない。「とにかく組み替え遺伝子食品反対!」とか「ノウヤクガーーー」とか言っている人たちの共通点は「知識がない(知らない事に対する漠然とした恐怖)」と言うことで、著者の様に様々な角度から知識を吸収して物事を考えれば、なぜそれらがあるのか、なぜそれらが発展してきたのかがわかるので、一方的に「反対」「賛成」なんて言えないだろう。


      一つだけ違和感。

     表紙にタネの写真があるけれど、本文は日本の伝統野菜についてが主に語られている。なのに、一番大きく、目立つところに写っているタネは「トウシキミ(=大茴香・八角・スターアニス)」。日本でも少しは栽培されているみたいだけれど、日本の伝統野菜じゃないし、原産国も中国(あるいはベトナム)なので、ちょっとズルい?(笑)。見た目的に綺麗なので、変わり映えしないタネの写真にスパイスとして入れたかったのも分かるけど・・・。

     

  • 読後感

    法廷遊戯:五十嵐律人

    タイトル:法廷遊戯
    初版:2020年7月13日
    発行:(株)講談社
    著者:五十嵐律人[いがらしりつと]

     全体としては、話の流れや物語はわかりやすく、文体や表現も平易に書かれていて読み易い。

     目まぐるしく展開する物語に、徐々に繋がってくる登場人物の過去と現在(事件)。特に後半は、伏線の回収を含めて、小気味よく進んでいく。

     読みやすい反面、伏線も分かりやすく(読んでいて「これが後からの伏線だな。」とわかりやすい)、ちょっと重厚さと言うか、流れが軽いとも感じた。ミステリー小説なんだから娯楽的なのは当然なんだけど。この辺りはわたし自身の読解力の無さや感受性の低さが要因かな?

     ただ、読了後には、また裁判の傍聴に出かけてみたくなった。なので、(法律の)専門的な知識がない人間(私)には十分に楽しめた小説だった。

     それはそうと、「司法試験が終わって、結果発表まで」のくだりがあった。調べてみたら、司法試験は通常5月で結果発表が9月みたい。意地悪なツッコミだけど、表紙にも描かれている竜胆[リンドウ]って10月末から11月に咲く花。お墓参りに手向ける場面があるけれど、普通に売ってるんかなぁ?(竜胆が何月に咲くとか普通は気にしないからまったく問題ないけれど)

     (以下、いわゆるネタバレ的なところを含む) 

  • 読後感

    よくわかるこれからのデジタルマーケティング:船井総合研究所

    タイトル:よくわかるこれからのデジタルマーケティング
    初版:2020年8月18日
    発行:同文舘出版(株)
    著者:船井総合研究所[ふないそうごうけんきゅうしょ]

     確かに基本的な用語解説から、具体例まで書かれていて、特に前半では導入のノウハウも丁寧に書かれているので参考になるところは多いと思う。

     とは言え、今更に「これからはITだ!」とか言っているレベルの人や「SNS」、「SEO」、「CRM」などの単語すら聞いたことない程度の知識の人には何を言っているのか全くわかないと思う。

     SNS、GoogleのSEOや広告、クラウドを利用したデータベースの活用など、一つ一つの技術に対してある程度の知識はあるけれど、それらが有機的に繋がっていない企画担当者や、中小企業にありがち(?)である、トップ層から「お前、ネットとかに詳しいだろ。我が社でもネット活用のプロジェクトを立ち上げるからメンバーに入れ。」とか突然言われた、営業や企画に関係のない部署の人なんかが読むといいのかもしれない。


     具体例(成功例)は、とくにITやPCの専門家ばかりではなく、正しく手順を踏めば各部署の担当者が集まればできそうな事例を紹介している。取り組み方なども本書の前半に記述されている。ただし、やはり成功例の共通点は「何が自社の強みか」をわかっている(分析できている)と言うこと。あくまでも主はその会社の強みである。「とにかくITやNETを使うと勝手に受注が増えたり、売り上げが上がることはない」。と言う点では「これまでのマーケティング」と同じ。

     また後半には「情報の利用」「情報の共有化」などを推進しようとすると全社一丸となる必要性もでてくる。素早い経営判断も必要となってくるため、小回りの利く中小企業が有利であるとも書かれている。まだまだ手探りな部分もあるデジタルマーケティングにおいてはまさにその通りなのだと思う。まだまだ具現化していない手法もたくさんあると思うし、会社規模に合わせたやり方もあると思うので、特にこの2020年コロナ禍においてはこの分野はこれまで以上に面白くなりそう。

     

  • 読後感

    ブランディングが9割:乙幡満男

    タイトル:ブランディングが9割
    初版:2020年7月1日
    発行:(株)青春出版社
    著者:乙幡満男[おとはたみつお]

     企業規模を問わず、ブランドがもたらす影響力(メリット)がいかに大きく大切であるかについての解説があり、企業規模(特に中小企業)に合わせたブランディングの違い、具体的なボジショニングの取り方や差別化の方法について、作者の経験などから紹介されている。

     全体に渡って「できるだけコストをかけず」を意識した具体的な手法は大手企業でなくてもできる(できそう)なところが良い。

     むしろ、大手企業ではできない(できるが大手企業ではメリットが見出せない)方法もある。ニッチャー戦略的な部分はマーケティングにも通じることろがある。(マーケティングとブランディングの違い・関連性についても本文中に言及あり)


     本書の中で一番難しいのは、第3章の『「顧客の本当のホンネ」を探す<インサイト>』の隠れた需要を見出す部分かな?

     「当たり前を疑ってみる。」と本文中にはあるけれど、凡人(私)には、これができない。疑いようがないから当たり前と思っているわけだし。


     最終章に「ブランドは一日にしてならず。」との記載がある。結局のところブランドはコツコツと積み上げるしかない。

     ブランドの高さを積み上げた石の高さに例えるなら、適当に探してきた石を積み上げるには無駄に時間がかかるし、場合によっては根底から崩れる場合もある。

     本書は、(お金をできるだけかけずに)積み上げやすい平たい石の探し方、見つけ方、そして積み上げ方が紹介されているイメージを受けた。

  • 読後感

    河童:芥川龍之介

    タイトル:河童

    初版:1927年

    初出:「改造」1927年3月号

    著者:芥川龍之介[あくたがわりゅうのすけ]

     現代にこの作品を発表しようものなら、「差別だ!、偏見だ!」と騒ぎ立てる人たちが血相を変えて出版社に抗議しそう。と言うことを最初に感じた。作品の内容とは別にして。

     内容は、河童の国でしばし暮らしたと言う、精神病院の患者の妄想。最後の章でも、河童が(人間界に)見舞いとして持って来た黒百合の花束のくだりがある。しかし、その花束は患者にしか見えておらず、花束が幻覚であると言う描写がある。つまり、内容がSFではなくそれが精神病患者の妄想であることを最後にも再確認している。

     黒百合は「使い古した生乾きの雑巾の臭い。」が強烈です。おそらく、それらを知って、あえて黒百合としたのだと思いますが。(黒百合は、咲くやこの花館で展示されています。)

     語られている河童の世界は、人間界(日本)においての常識が河童の世界の非常識であったり、河童の世界の常識が人間界の非常識であったりする。思えば、物語の終始においてその違いが語られている。男女の事情、仕事の価値観、親子関係の常識、はては政治や法律、芸術まで色々な主題が短編小説に濃縮されて詰め込まれている。おそらく時代背景などから色々と風刺も含められているのだと思う。

     特に生死感については独特のものがある。例えば、ある工場で新しい機械技術が発明され大量生産が可能になると、働いている職工たちは解雇されるだけでなく殺処分され、河童肉は食用にされたり(職工が殺されるのも仕方なく、騒いでも仕方ないのが河童の世界の常識)、あるいは「貴様は盗人だ。」と言われただけで心臓痲痺を起こしたり、相手に「お前は蛙だ。」と言うだけで相手を殺すことができたり。そのほか、生まれてくるときは、生まれてくるか否かを選択できたり・・・。

     本作品が芥川龍之介の晩年に書かれたことを鑑みると、色々と思うところがあったのだと思う。

     ただ、面白いか?(趣があるか?)と言われたら「うーん、微妙。」と言うところ。(私の文学に対する理解の程度および能力が低いことは承知の上で)

  • 読後感

    会社の数字の基本のキホン:村形聡

    タイトル:会社の数字の基本のキホン
    初版:2016年12月30日
    発行:(株)新星出版社
    著者:村形聡[むらかたさとし]

     本当に一から財務諸表などを勉強したい新入社員レベルで平易な言葉で書かれていてわかりやすい。

     お金の流れに競馬の馬券購入やお菓子屋の開設・運営などを例にして身近に感じられる工夫もされている。

     内容はタイトルの示す通り、基本も基本。だけど、この基本を人に説明しようと思うとなかなかこれが難しくて・・・。(どう平易に伝えるか・教えるか)そう言う点で参考になった。

  • 読後感

    なんとなくわかった気になる 漢方の歴史:三室洋

    タイトル:なんとなくわかった気になる 漢方の歴史
    初版:2019年5月28日
    発行:(株)あかし出版
    著者:三室洋[みむろひろし]

     確かに「なとなくわかった気に」なれた(笑)

     老舗漢方メーカーの学術担当者が書いた漢方の歴史本。漢方に関する書籍や漢方家を、時代を追って紹介・説明している。

     「漢方」、「歴史」と言うと両者とも堅苦しい印象を受けるが、内容は平易な言葉で説明されているので、堅苦しくもなく、良い意味で軽い感じで読める(表向きは軽いが、膨大な資料をあたっていることは容易に感じ取れる内容であり、読み進めやすいが読み応えもある)。

     各章で一つの時代を構成していて、中国古代の歴史から順を追って解説されている。また、私の様な「遣隋使、遣唐使、三国志」くらいしか中国の歴史に対して知識がない人間でも理解できるように書かれている。ページ上部に歴史を追うごとに“パス型パンくずリスト”の様な年表が順次に伸びていったり、最初にざっくりと全体的な歴史の解説があるなど、時代の流れが理解しやすい様に工夫もされている。

     これまで漢方の歴史を体系的に学ぶにも、一つ一つ自分で調るのも大変であり、難解な本を読んだりするのはさらに大変な労力を要する。そのうえ、そもそも精神的な障壁が大きく触手が伸びない分野であった。けれど、この本1冊で(なんとなく)漢方の歴史がわかった(気になれた)。

     歴史の話だけでなく、関連する話題や情報にも触れられており、興味深くかつ飽きることはない。

     さらに、人物(著者)に関する、漢方に関する事以外の情報も加えることで、人物像を想像して、さらに興味を深める。あるいは、単純に漢方医学医学書の歴史だけはなく、例えば、李東垣がなぜ補中益気湯を創りだす必要があったのか?など、その時代背景、要因・必然性も解説されているなど、人に話したくなるような面白い小話(?)もある。

     読み止まることなく一気に読み終えた。

     索引もついているので、参考資料としても利用しやすくなっている。

  • 読後感

    この世界は思っていたほどうまくいかないみたいだ:新井見枝香/(1911)

    タイトル:この世界は思っていたほどうまくいかないみたいだ
    初版:2019年2月15日
    発行:(株)秀和システム
    著者:新井見枝香[あらいみえか]

     秀和システムといえば、PC関連のKnow HowあるいはHow to本のイメージがあるけれど、こう言うのもあるんだ。と言う固定観念(偏見とも言う)はさておき、電子版が(クーポンを使うと)500円程度と、安かったので買ってみた。
    買った理由はジャケ買いならぬ「タイトル買い」。この本の正体が何なのか。啓蒙本なのか、メンタルちっくなものなのか、はたして小説なのかもわからないまま買ってみた。

     世の中には、「頑張れば大丈夫」「頑張れば報われる」みたいなことを口にするのが良しとされる風潮や容易く受けたり、賞賛されたりする雰囲気があるように思える。そして、それらに少し嫌気がさしている自分がいて、このタイトルに一服の清涼剤的なところを感じた次第。

     それはさておき、読み進めるとそれがエッセイであり、著者はどうやら一時期にニュースでも取り上げられた本屋の店員さんだと言うことが分かった。記憶によると「その店員さんがお勧めした本が人気になる。」と言う感じだった。「本すら自分で好きに選べない奴が多い時代なのか。」と世の中を嘆いたものの、その店員さんに関しては興味もなく、当然名前も覚えていないので、購入の段階では気がつくはずもなし。

     本の内容に関しては、何かを得るとか、何かの為になるとか、何かを学ぶと言うことは一切ないが、面白おかしい。ディスっているわけではなく、ただダラダラと読めるとところが良い。エッセイとはそう言うものなのか?(あまりエッセイは読まないので分からない。)

     ボリュームとしては30数話(エッセイの量詞は「話」であっているのか?)が収められている。1話1話は短い。テンポよく読み進められるけれど、内容・文体ともに若干、アクが強いので、、出張の新幹線で読むには半分弱で食傷気味になってしまった。著者に対する褒め言葉か悪口になるのかは分からないが、著者の晒された(自ら晒した)思考的性癖を延々を読み続ける気分になる。特に後半。

     しかし、そうも言いながら、結局、一気に読破してしまった。内容も嫌いではない。共感できるところも多々あるし、素直に面白いと思う。だが、他人には勧められない。下手に他人に勧めると「えー、あんな(=変態チックな)エッセイが好きなの?」と侮蔑されそうで怖い。そういう恐ろしい一冊であった。

  • 読後感

    マンガでやさしくわかる決算書:岩谷誠司/(1910)

    タイトル:マンガでやさしくわかる決算書
    初版:2015年5月1日
    発行:日本能率協会マネジメントセンター
    著者:岩谷誠司

     財務三表を全く知らない人に説明する際に、どこから説明していいのか。あるいはどの程度から説明したらいいのかの参考にならないかと読んで見た。
     マンガでやさしくと銘打っているだけあって、基本のキから説明はしている。
     本文に「とりあえず、マンガの部分だけでも読んでから」とあった。確かに、何のために会計があって、貸借対照表、損益計算書が何を表しているのかなど、そこから説明するには参考になったような気がする。
     と言うか、この本を「自分で買って」読んでもらった方がいいのかも知れない。(本は自分で買わないと身につかないし)

  • 読後感

    ほどよく距離を置きなさい:湯川久子/(1909)

    タイトル:ほどよく距離を置きなさい 90歳の現役弁護士が見つけた心の糸のほどき方。
    初版:2017年11月30日
    発行:株式会社サンマーク出版
    著者:湯川久子

    副題として「90歳の現役弁護士が見つけた心の糸のほどき方。」とあるので、私としては勝手に、相手と相互に絡まった心の糸を解く手法なり考え方なりが書かれているのだと思っていたが違った。
    どちらかと言うと、自分自身の考え方を変えましょうと言う内容。自分自身の考え方を変えると言う点で、先月に読んだ「平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本」に通じるところがあった。
    書いてある事は至極真っ当な事で、例えば(相手の浮気が原因などによる)離婚調停などで変に復讐心を燃やして時間を無駄にしたり、裁判がもつれて貰えるものも貰えなくなる様な危険を冒すくらいなら「心機一転、気持ちを入れ替えて、さっさとと貰えるもの(主に金)を貰って、前を向いて次の歩み(人生)を進めた方が良い。」という事が、裁判(調停)事例を絡めて説いている。

    至極真っ当なことと言えば、
    『人は、自分の正しさを主張して、相手に勝とうとしますが、相手を打ち負かしたところで、何になるでしょうか。』
    『正しさや常識は、世代や育った環境によって変わりますし、正解はありません。』
    と言う言葉もあった。真っ当すぎて反論は一切できない。同時に「戦争はダメだ。」と同じくらい虚しい言葉でもある。
    世の中には、こっちが相手に斟酌して一歩引くと、さらに一歩踏み込んで来てさらに傍若無人に振る舞う様な人間もいてる。日本人にはこの様な人は少ないが、国家および国民そのものがこんな感じの(相手に集[たか]ったり、奪ったりすることが良しとされ、奪われた方が馬鹿扱いされる)国がある。

    話が横に逸れてしまった。

    あと、下衆で低俗な私なんぞは、著者が弁護士と言うからにはもっとドロドロした話しを期待していた。しかし、裁判事例には重きは置かれていない。あくまでも、「あまり固執しない方が良いですよ、なぜなら・・・」と言う論法を展開する道具として使われている。

    一部で古い考えも混在するものの、先にも書いた通り、至極真っ当な事を終始一貫して書かれている。ただ、日々を生きていく中で嫌なことも多く、ついつい真っ当な事を忘れたりする。些細なことで他人を羨んだり、恨んだりしても仕方ないし、自分の正義を振りかざしても軋轢を生むだけ。そんな簡単な事すら忘れてしまいがちになる。そう言う気持に対して、少し落ち着きを取り戻せる本かもしれない。