台湾,  外出

2019年10月台北旅行01(深夜便)

今回の主な目的
  • 夜中2時30分出発の便に乗る。(Peach Aviation)
  • iPhone11を買う。

 以上、二つ。

夜中2時出発の便に乗る。(Peach Aviation)

 少し前までは無かったこの時間の台北便。いつまでも若い気分でいたらダメなことは重々承知しているが、好奇心が抑えきれず予約してみた。さすがに今回は往復とも1番前のシート(足が伸ばせる)を予約。

 出発が近づくにつれ後悔の念が強まって来たが、結果としてはそれほど大変ではなかった。

 チェックイン開始は0時30分から。チェックインをしてから、搭乗までの時間を長くとって仮眠をするために、15分前にはセルフチェックインの機械の列に並ぶ(先頭)。今回も預け入れはないので1分もかからずチェックイン完了。

自動チェックインカウンター

 出国手続きを済ませて、ロビーについたら、横になれる場所(ソファーじゃないけれど、寝転がれる椅子みたいなのがおいてある)にて すぐに 仮眠。パスポートと財布はしっかりと身に着け(南京錠でロック)る。結構、しっかりと仮眠できた。

 登場開始直前にトイレを済まし、ビールと簡単なつまみも準備完了。

 フライトもスムーズに行き、飛行機が安定したらビールを飲んでさらに仮眠。

 気が付いたら遅れることもなく、桃園国際空港に到着。出国ゲートはがらがらで、着地から15分程度で出国できた。

プリペイドsimカード店

 朝の4時過ぎにも関わらず、sim (台湾之星) も空港内で借りることができ、國光客運のバスにのって台北駅へ移動。外はまっくらで不安だったけれど、台北駅に着いたときに夜が明けて、まさに丁度良い時間。

 身体も思ったより元気で、早速朝食に向かった。

 結論:若さ(体力)さえあればまったく以ってお勧めできる。到着した日にまる一日遊べるのメリットはかなり大きい。場合によっては到着してから桃園国際空港でさらに仮眠をしてみ良いかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。