• 読後感

    よくわかるこれからのデジタルマーケティング:船井総合研究所

    タイトル:よくわかるこれからのデジタルマーケティング
    初版:2020年8月18日
    発行:同文舘出版(株)
    著者:船井総合研究所[ふないそうごうけんきゅうしょ]

     確かに基本的な用語解説から、具体例まで書かれていて、特に前半では導入のノウハウも丁寧に書かれているので参考になるところは多いと思う。

     とは言え、今更に「これからはITだ!」とか言っているレベルの人や「SNS」、「SEO」、「CRM」などの単語すら聞いたことない程度の知識の人には何を言っているのか全くわかないと思う。

     SNS、GoogleのSEOや広告、クラウドを利用したデータベースの活用など、一つ一つの技術に対してある程度の知識はあるけれど、それらが有機的に繋がっていない企画担当者や、中小企業にありがち(?)である、トップ層から「お前、ネットとかに詳しいだろ。我が社でもネット活用のプロジェクトを立ち上げるからメンバーに入れ。」とか突然言われた、営業や企画に関係のない部署の人なんかが読むといいのかもしれない。


     具体例(成功例)は、とくにITやPCの専門家ばかりではなく、正しく手順を踏めば各部署の担当者が集まればできそうな事例を紹介している。取り組み方なども本書の前半に記述されている。ただし、やはり成功例の共通点は「何が自社の強みか」をわかっている(分析できている)と言うこと。あくまでも主はその会社の強みである。「とにかくITやNETを使うと勝手に受注が増えたり、売り上げが上がることはない」。と言う点では「これまでのマーケティング」と同じ。

     また後半には「情報の利用」「情報の共有化」などを推進しようとすると全社一丸となる必要性もでてくる。素早い経営判断も必要となってくるため、小回りの利く中小企業が有利であるとも書かれている。まだまだ手探りな部分もあるデジタルマーケティングにおいてはまさにその通りなのだと思う。まだまだ具現化していない手法もたくさんあると思うし、会社規模に合わせたやり方もあると思うので、特にこの2020年コロナ禍においてはこの分野はこれまで以上に面白くなりそう。

     

  • 外出

    ビジネス会計検定 2級試験

     少し理由があって、表題の検定試験を受けることになった。

     出題レベルは、(サラリーマンの)常識の範囲に少し毛が生えた程度。なので、資格試験勉強自体はそれほど難しくない。満点狙いで挑んだものの、残念ながら言葉の定義などで少し間違えた・・・(と思う)。

     後半の財務諸表分析の問題は比較的簡単。ただ、前半の細かい言葉の定義の正誤で悩んだ問題が数問・・・。

     何事も100%に仕上げるのは難しい。と感じた次第。

     合否に関しては、回答に自信のない問題のすべてが不正解であっても合格点(70点)には余裕で届く・・・はず。


     試験時間は2時間。説明時間や問題・回答用紙の配布時間を含めると、2時間以上の長丁場となる。そのため、事前にはあまり水分を摂りすぎない方が良いかもしれない。

     と、結果(経験)から言うのは簡単だけど、試験開始前にトイレに行ったものの、後半残り試験時間30分くらいから再度トイレに行きたくなった。

     この残り30分は説明を含めた試験開始からほぼ2時間後になる。ただでさえも集中力が途切れているところに、トイレのことが気になると、さらなる能力ダウンを引き起こした。どうにもこうにも仕方ないけれど。


     試験時間については、受験票や大阪商工会議所(主催)のウェブページは2時間とあり、あとは開始時間が10時からとあるものの、具体的なスケジュールの記載は記載がなかった。

     他の方の参考になればと言う意味合いを込めて具体的なタイムテーブルを記載。年度や会場(大きさ、人数など)によって違うかも知れないので、あくまで参考程度に。(第27回大阪会場の例)

    • 試験前の説明や解答用紙・問題用紙配布など:約20分(10時開始)
    • 試験時間120分(2時間)
    • 問題用紙の回収など約5分
      合計約2時間25分でした。(大阪会場)
    • 途中退席は、試験開始後30分および終了前10分が不可だった。

     上記の通りなので、実際の終了時間は12時30分ごろ。もし3級も続けて受けるのであれば、13時30分開始なので、移動時間+食事時間を鑑みるとそれほど余裕はないので、事前にお店の調査(日曜日に営業している)なども調査しておいた方がいいかも。

     実際に2級と3級を同時に受験する方の割合はわからないけれど、会場によっては近くのお店も混み合う可能性もあるかも知れない。なので、食べる場所さえあるのであれば、お弁当などの方が確実かも知れない。

     

  • 聞こえて来た言葉

    と、父さんなの?

     夕方、会社からの帰宅途中での出来事。

     駅の改札をでたところの壁際で、何やら深刻な顔をして携帯電話で通話している身なりの整ったサラリーマン(50代くらい?)。

     通りすがり、少し困惑した様子で聞こえて来た会話は「と、とうさんなの?」。

     詳細はわからない。が、おそらく「と、倒産なの?(債権のある取引先)」だと思われる。

     もしも、「と、父さんなの?」だとしたらどんなドラマがあったのだろう。

  • カメラ・写真,  外出

    近所散歩[PEN-F(film)]

     新型コロナ禍で、この夏は休暇もほとんど外出せず。人混みを避けての外出だったら良かったのかもしれないkれど、暑い中でマスクをしてられない。

     まだ涼しいとまでは言い難く、歩いていると少し汗ばむ陽気ではあるものの、暑さも和らいできたので、PEN-Fを携えて少し散歩に出かけてみた。

     72枚(36枚撮り×2)を撮り切るぜ!と勇んででたものの、久々の散歩で足が疲れて、40数枚撮影したところで挫折。このまま置いといてもいいのだが、ここで現像しないと使い切るがいつになるか分からない。少しもったいないが現像に出して、これまた久々にフィムルスキャンをして一日が終了。

     いい運動にはなったと思う。


    天王寺周辺
    天王寺周辺
    天王寺周辺(動物園前周辺)
    新世界周辺
    新世界周辺(通天閣)
    ウラなんば周辺(ミナミ周辺)
    道頓堀(ミナミ)周辺
    心斎橋周辺
    心斎橋周辺:工事現場の殺伐感を和らげるにはいいのかもしれないけれど、小さな子供が近づいて来て逆に危ないような気もする・・・(^^;;;。
    心斎橋周辺
    ミナミ周辺
    アメ村周辺
    アメ村周辺
    西堀江周辺
  • 生薬・草根木皮

    河骨[こうほね](川骨[せんこつ])

    <収穫>2020年8月29日

     本来は秋までまって地上部が枯れてから収穫する方がいい様だが、諸事情あって夏の終わり(8月29日)に収穫することに。

    <果実と種子など>

    自然に果実が割れて、中の房が出て来たところ
    2020年8月収穫の種子:種子を果実部は、蓴菜[じゅんさい]みたいに寒天質の粘液で覆われておりぬめりがある。
    2020年8月収穫の種子:種子を果実部は、蓴菜[じゅんさい]みたいに寒天質の粘液で覆われておりぬめりがある。

    <花>

    20200702:自家栽培
    20170702武田薬品京都薬用植物園にて。

    <生薬>

    <川骨:刻み>20180525 湖北省産のもの

  • 読後感

    ブランディングが9割:乙幡満男

    タイトル:ブランディングが9割
    初版:2020年7月1日
    発行:(株)青春出版社
    著者:乙幡満男[おとはたみつお]

     企業規模を問わず、ブランドがもたらす影響力(メリット)がいかに大きく大切であるかについての解説があり、企業規模(特に中小企業)に合わせたブランディングの違い、具体的なボジショニングの取り方や差別化の方法について、作者の経験などから紹介されている。

     全体に渡って「できるだけコストをかけず」を意識した具体的な手法は大手企業でなくてもできる(できそう)なところが良い。

     むしろ、大手企業ではできない(できるが大手企業ではメリットが見出せない)方法もある。ニッチャー戦略的な部分はマーケティングにも通じることろがある。(マーケティングとブランディングの違い・関連性についても本文中に言及あり)


     本書の中で一番難しいのは、第3章の『「顧客の本当のホンネ」を探す<インサイト>』の隠れた需要を見出す部分かな?

     「当たり前を疑ってみる。」と本文中にはあるけれど、凡人(私)には、これができない。疑いようがないから当たり前と思っているわけだし。


     最終章に「ブランドは一日にしてならず。」との記載がある。結局のところブランドはコツコツと積み上げるしかない。

     ブランドの高さを積み上げた石の高さに例えるなら、適当に探してきた石を積み上げるには無駄に時間がかかるし、場合によっては根底から崩れる場合もある。

     本書は、(お金をできるだけかけずに)積み上げやすい平たい石の探し方、見つけ方、そして積み上げ方が紹介されているイメージを受けた。