• 読後感

    空洞のなかみ:重松豊:毎日新聞出版社:2020年10月30日 

    タイトル:空洞のなかみ
    初版:2020年10月30日 
    発行:毎日新聞出版社
    著者:重松豊[しげまつゆたか]

    https://honto.jp/netstore/pd-book_30517760.html

     三井住友カード会員会報誌に紹介されていた一冊。

     「愚者譫言」と言う、書き下ろし部分(俳優が主人公の物語)と「演者戯言」と言うサンデー毎日に連載されていたエッセイからの、2部で構成されている。

     重松豊氏は「孤独のグルメ」のドラマ版に出演されていたので知っている。

     原作が好きだったので、ドラマシリーズも数話を観たし、台湾編は特に全話を観たと思う。さらに、台北旅行に行った時には、舞台となった食堂にも寄ってみたりもした。(だからこの本を購入したわけでもないけれど)

     ただ、ほとんどTVは観ないので、残念ながら他は全く知らないけど・・・。

    台湾編で舞台となったお店の店内
  • 未分類

    日本酒 2021年

    20210108:コロナ禍で運動も少ないので、日本酒は控えめにしていたのに、年末年始に再び飲酒癖が鎌首をもたげてきた様だ。少し反省。

    20210122:まだ2021年が始まって3週間しかたっていないが、月・木の休肝日は守れている。これまで四半世紀以上、風邪をひいても酒を飲んでいた身としてはいつまで我慢できるか。

  • 読後感

    猫は神さまの贈り物 エッセイ編

    タイトル:猫は神さまの贈り物<エッセイ編>
    初版:2020年10月15日 
    発行:株式会社実業之日本社
    著者:奥野信太郎,木村荘八,寺田寅彦,大佛次郎,豊島与志雄,白石冬美,長部日出雄,熊井明子,夏目漱石,中村眞一郎,柳田國男,山崎朋子,黒田亮,島津久基,谷崎潤一郎,吉行淳之介

    《猫》をテーマにしたアンソロジーで、原著は1982年に発行された『猫は神さまの贈り物』。

    2014年に小説編、エッセイ編に分冊し、作品が追加されて改訂復刊の、さらにその改訂復刊版となる。

    こちらは、<エッセイ編>となる。先の<小説編>と同時購入。

    小説編、エッセイ編と続け様に読了し、面白かったんだけれど、エッセイ編後半に一作だけきな臭いのが混じっていた(笑)

    以下、感想など

  • 未分類

    【備忘録】Dynalist

    右側メニュー(Toggle help)の表示/非表示

    「command + /」

     まだショートカットやタグを覚えきれていない状態で、画像にある右側のメニュー(赤枠)の表示を消してしまい、再び表示させるのに苦労した。

     メニューバーから選択できるわけでもなく、設定画面にもない。そしてショートカットで出すしかなさそうだが、そのショートカットを確認するための一覧がまさにこのメニューと言うパラドックス。

     また何かのきっかけで、間違えて非表示にしてしまった時のためのメモ。

  • 読後感

    猫は神さまの贈り物<小説編>:森茉莉、宮沢賢治、星新一ほか(アンソロジー)

    タイトル:猫は神さまの贈り物<小説編>
    初版:2020年10月15日 
    発行:株式会社実業之日本社
    著者:森茉莉、吉行理恵、室生犀星、佐藤春夫、小松左京、梅崎春生、宮沢賢治、金井美恵子、星新一

    《猫》をテーマにしたアンソロジーで、原著は1982年に発行された『猫は神さまの贈り物』。
    2014年に小説編、エッセイ編に分冊し、作品が追加されて改訂復刊の、さらにその改訂復刊版となる。

     著者や内容も気にせず、アンソロジーであることすら確認せずに、タイトルのみで、<エッセイ編>と合わせて、ジャケ買いならぬ「猫買い」をした。

  • 金言・名言・迷言

    ご賢察

     ある意味での名言だと思う。

    ○○様(例:お客様、お得意先様など)におかれましては、ご迷惑ならびにご不便をおかけいたしますが、諸般の事情をご賢察いただきますようお願いいたします。

     推測(推し量る)の意味もあるので、「社長のご賢察の通りでございます。」なんて使い方も間違いではないでしょうけれど、ほとんど見ること(聞くことは)はない。

     おそらく、使われ方(使い方)としては、ほとんどが上記の様な使われ方だと思う。

     口語言うなら、「頼みますから、諸々の大人の事情とかを汲んでくださいよ。」って感じ。
     さらに要約すると「賢いあなたなら察することができる(賢察できる)でしょ?、諸般の事情も理解できるでしょ? だから許してよ。」って言うなんとも横柄な言葉だと私は思ってしまう。

  • 読後感

    坊主は乞食だぞ 願われて生きる:林暁宇

    タイトル:坊主は乞食だぞ 願われて生きる
    初版:2007年7月20日(第二刷発行 12月25日)
    発行:株式会社樹心社
    著者:林暁宇[はやし ぎょうう]


     坊主なんて今時いらんでしょ?(管理人の主観による坊主感です。)

     この著者ら(著者および登場人物)が生きた時代は、第二次世界大戦の戦前、戦中、戦後であり、今とは到底時代が違ったのだとは思う。

     なので、著者や暁烏敏[あけがらすはや]氏(著者の師)、あるいは他の登場人物の様な生き様(いかに苦しくても仏道を行く)もあったのだろう。ただ、現代では二つの意味でそれはもうないと思う。

  • 未分類

    (大阪市北区)中津界隈でカレーが食べられるお店(実食)

     Blogのサブタイトルに「三度の飯よりカレーが好き。アマチュアマジシャンBlog」と銘打っているので、カレーに関する投稿も。外勤だった頃は、近畿、北陸とあちらこちらのカレー店を巡れたものだが、今となっては中津駅界隈くらい。だが、カレー専門店に限らず、メニューにカレーがあるお店を地道に紹介していこう。

  • 読後感

    10年後、君に仕事はあるのか?

    タイトル:10年後、君に仕事はあるのか?
    初版:2020年9月10日
    (2017年2月、ダイヤモンド社より刊行された『10年後、君に仕事はあるのか?-未来を生きるための「雇われる力」』に、加筆・修正。)
    発行:株式会社筑摩書房
    著者:藤原和博[ふじはらかずひろ]

    概要

     高校生へ語りかけるスタイルの優しい文体。内容も全体的には読み進めやすい。
     広く世界あるいは広い世界で活躍・活動したい若者(中高生)が自己の理想を叶えるための行動の指針が書かれている。
     表題は「〜仕事はあるのか?」と問うているが、内容は「あるか・ないかの二択ではない。この変化の激しい世の中に対応すべく求められる行動と考え方が示されている。

     そして、その方法(世の中の変化に対応する方法)は学校の勉強だけではないが、学校の勉強の大切さ、部活を含めた遊ぶことなどあらゆる切り口から語れている。

  • 日常・日記

    j5create®︎ JCD348 (3ポートUSB-TypeA, microSD /SD)

      MacBookAir(Apple M1) 13インチを買ったは良いけれど、USBポートがTYPE-C。そして、そのポートは2口しかなく、しかも1口は電源に取られるのでポートは実質1口しかない

     とりあえず、純正のTYPE-C→TYPE-A3.0の変換ケーブルは購入していたものの、やはり同時にいくつかの外部機器を使いたいと言うことで、以下を購入。

  • 読後感

    数学的に考える力をつける本:深沢真太郎

    タイトル:数学的に考える力をつける本
    初版:2020年7月10(2020年10月20日 第5刷発行)
    発行:株式会社三笠書房
    著者:深沢真太郎[ふかさわしんたろう]

     書店をぶらぶらしていて、ふと目にとまったので、長期休暇(年末年始休暇)用に購入。

     超ざっくりと書くと、「数学の問題を解くように、論理的な展開の話し方を実践する」について言及している啓蒙本。

    数学的思考

     早速本題。

     前後は割愛するが、「山手線の内回りと外回りの距離はどれくらい違うのか?」という話があった。

     瞬間的に、著者とほぼ同じ考えが出てきた。それは二つの円のイメージが頭に浮かび、次に線路と線路の距離を想定し、その距離の2倍(つまり、半径の差の2倍)×円周率だよね?という考え。むしろ、この問いを聞いて、他にどんな考え方が何が出てくるというのだろうか。

  • カメラ・写真,  外出、旅行

    新世界界隈散策20201229

     運動不足解消も兼ねて、ぶらぶらと散策。

     驚くほど人が少ない。

     そして、数ヶ月ぶりに訪れたが、多くのお店が店を畳んでいた。反面、射的場がやたらと増えていた。人件費は少なくて済むし、飲食業と違って腐らない分、仕入れに関してもリスクが少ないからだと思うけれど。ただ、飽和している感は否めない。

  • 読後感

    日没:桐野夏生

    タイトル:日没
    初版:2020年9月29
    発行:株式会社岩波書店
    著者:桐野夏生[きりのなつお]

     自分で購入する本を選択すると、同じ様な分野の著書に食指が動く。バランスを取るためにも、毎月送られてくる三井住友カードの会員会報誌に紹介されている本も参考にして購入している。先月送られてきた号の紙面で紹介されていたのが本作。

    読後感

     舞台は日本の現代なので、ありそうな感を醸し出した「世にも奇妙な物語」系。普通に小説としては読み応えがある。これ系の小説を読むのはおそらく初めて。絶対に自分では選択しないジャンル。

     あらすじとしては、読者が良しとしない小説を書くと言う理由で、劣悪な状況で軟禁される主人公。他にも政府の意向に沿わない(反政府的)であるなどの理由で同様に収容される作家たち。施設の人間の言う「厚生」を果たせば開放さえると言うが、言論の自由や人権が当然にして認められる現代において、この様な軟禁自体の正当性を認めることは許されず、抗う主人公の結末は・・・(以下、小説の内容の通り)。

  • 漢方、生薬、草根木皮

    石斛[せっこく](少彦薬根[すくなひこのくすね])

    2020年12月:石斛の開花

    20201211:外が寒くなってきたので、一部石斛を室内に取り込んでいたら花芽がついた。
    20201214:そろそろ咲きそう
    20201218:開花。前日くらいから咲いていた。

    20190426:石斛:花

    生薬

    20170729:原形

    <初回投稿:2017年7月29日>

  • 読後感

    コトラーのリテール4.0:フィリップコトラー、ジュゼッペ・スティリアーノ

    タイトル:コトラーのリテール4.0/デジタルトランスフォーメーション時代の10の法則

    初版:2020年4月30日

    発行:朝日新聞出版社

    著者:フィリップ・コトラー[Philip Kotler]、ジュゼッペ・スティリアーノ[Giuseppe Stigliano]

    監修:恩藏直人[おんぞうなおと]

    訳:高沢亜砂代[たかざわあさよ]

     20年ほど前、ネットショップが台頭を始めた頃、巷では「これからはネットの時代。既存の小売店は推定するしか道はない。」と言う様なことが、時代の流れ・本流の様に語られていたと記憶している。

     2020年現在、確かに衰退・撤退した企業もあるが、実際にはネットショップのamazonが実店舗を展開するなど、当時とは違う動きになってきている。

     本書の第2章では、実店舗とECサイト、あるいはWeb上のサービスの垣根が低くなって(あるいは無くなって)きている小売(リテール)業界の実情に触れながら、対応を10の法則として解説されている。

     10の法則は、デジタルトランスフォーメーション時代(DX時代)以前からそうあるべきものもり、DX時代だからこそのものもある。

  • 漢方、生薬、草根木皮

    淡竹[はちく](竹茹[ちくじょ]、竹葉[ちくよう]、竹瀝[ちくれき]、竹巻心[ちくけんしん])

    生薬

    竹茹
    20201119:竹葉

    竹茹:中間層(茎というか、竹そのものというか、茎・筒本体の中間層)。竹筎温胆湯。羚羊角釣藤湯。栝楼枳実湯。温胆湯。
    竹葉:葉。(淡竹葉は笹草[ささくさ]の全草のこと)。竹葉石膏湯、銀翹散。
    竹瀝:茎を火で炙って流れ出た液汁。
    竹巻心:まだ開いていない幼葉。
    (参考:漢方くすりの辞典。※漢方くすりの辞典では「淡竹」は「葉竹 [はちく]」と記載されている。)