日本酒

日本酒 2021年

20210807:Q’sモールあべのの地下一階にて東北物産展にて販売されていた。

20210708:久々の出張も、新型コロナの影響を懸念して、滞在時間は小一時間と言う強行軍。せめてもの慰めに、日本酒と駅弁。気がつけば今年も半分が過ぎた。

20210614:今年は金曜日の晩酌に日本酒(それ以外は禁酒)としていたが、端午の節句(旧暦)なのでチマキをつまみに呑んでみた。

20210528:近鉄百貨店で保存食の特売をしていた。鯖缶、保存食だが買ったその日に食べた。

20210507:4月から週末のみの飲酒として1ヶ月が経過。早速、GW中に休みとは言え、その禁を破って金・土以外に少し飲んでしまう。
そして今日は堂々と飲める金曜日!。
肝・心・脾・肺・腎および胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(上焦・中焦・下焦)に染み渡るわ。

20210416:四半世紀以上に渡り、熱が出ようとも出張であろうとも、365日欠かさずお酒を飲む生活続けてきた。(この間、唯一飲まなかったのは、諸事情あって1週間ほど飲めなかったことを除いて、飲まない日はなかった)。
しかし、このコロナ禍で月曜日と木曜日を飲まない日として設定したみた。意外に大丈夫だったので、4月から日曜日〜木曜日まではお酒を飲まない様にしている。以外に問題ないものである。

20210313:<あさ開 新酒 純米吟醸>1,000円だった。あまりの安さに2本まとめてかったけれど、3本くらい買っておけばよかったと思うくらい。

20210210:以前の職場の元上長が、「一昨年に酒蔵に行った蔵元の銘柄で、近くで見つけたので。」ということで、贈って来てくれた。良い酒だった。

20210202:2月2日の節分は124年ぶり。2月3日でない節分は37年ぶり(1984年は、2月4日だった)。

20210122:まだ2021年が始まって3週間しかたっていないが、月・木の休肝日は守れている。これまで四半世紀以上、風邪をひいても酒を飲んでいた身としてはいつまで我慢できるか。

20210108:コロナ禍で運動も少ないので、日本酒は控えめにしていたのに、年末年始に再び飲酒癖が鎌首をもたげてきた様だ。少し反省。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。