資格・検定

行政書士に挑戦する1年:♣K♡K♠K♢K+JOKER(試験終了)

 さて、52週(7日×52週=364日)に渡る行政書士資格試験への挑戦も今日の本試験を以て終了。

 なかなか充実した1年だった。

 もともと、新型コロナウイルスの流行に伴い、外出(撮影のお出かけや、ましてや台湾旅行)もままならない。と言うことで、週末の暇つぶしがてに初めた資格学習。ビジネス会計検定2級(独学)、ビジネス実務法務2級(STUDYING)、メンタルヘルスケアマネジメント検定Ⅱ種(独学)にとこなしてきて、少し難しい資格にも挑戦しようと思い挑んだのが「行政書士」。

 さすがに、1ヶ月から3ヶ月程度の学習で取得できる資格ではなかった。そして、試験終了後もこれまでと違い「合否はなんともいえない。」状態。
 ここ数年で受けた試験で一番難しいと感じたのはMR(医薬情報担当者)試験。それでも試験終了時には「余裕だなった。」と感じられたくらいだった。それよりも手応えは薄い。

 あと、並行してマスク生活の間に始めた歯列矯正。これによる歯に付着させて金具と針金も来週には取れる。およそ1年9ヶ月・・・。歯並びは良くなったが、諸々あってさらに結構な出費があるのが辛い。ポルシェは買えないけれど、普通の高級ミニバンが軽く買えてしまうほどの出費。まぁ、歯の健康がお金で買えるなら、高級車よりも価値はあるけれど。

 閑話休題。

 合否は気になるけれど、とりあえずはしばらくは休憩。
 不合格だった場合、不合格の理由が一般知識での足切りだったら来年受けようかと思う。点数が足りないのであれば、それは能力不足がはっきりしたので諦める。

 何にせよ、毎朝4時30分に起きて、中国語学習と行政書士の学習を並行して努力した1年は面白かった。ただ、読書量が犠牲になって、いわゆる「積読」が増えているので、消費していこうと思う。


追記

 夜になって、早速解答速報が出ていた。結論から書くと、おそらく合格しているだろう。

 300点中180点で合格、配点はマークシート240点、記述式60点。マークシートのみで180点を超えていた。つまり、この時点で合格確定。ただし、解答速報の解答が正しければ・・・と言う前提付き。
 ただ、少しくらい解答速報が間違えていたとしても、記述式は20点から30点はありそうなので、保険としては十分な点数。惜しくも、記述式中の1問は最初はちゃんと答えていたのに、最後の見直しで、論点を変更して書き直した。しかし、もともとの解答の論点が正しかった。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です