• 生薬・草根木皮

    黄連[おうれん]

    <黄連(日本産):葉>薬用部位は根茎です。葉の模様が違う2種

    <黄連:根と根茎>髭のように見える根を除いた部分が薬用部位(*1)

    <黄連(髭黄連[ヒゲオウレン])>黄連の髭(根)の部分を集めたもの。通常は髭は焼いて根茎だけを使う(*1)。

    <黄連:単支>

    <黄連の葉>20190525 森野旧薬園にて

    (*1:第17改正日本薬局方より)本品はオウレン Coptis japonica Makino, Coptis chinensis Franchet, Coptis deltoidea C.Y. Cheng et Hsiao 又は Coptis teeta Wallich (Ranunculaceae)の根をほとんど除いた根茎である.