漢方関係

032.葛根湯(太陽陽明合病で、下痢ががある場合)

32、太阳与阳明合病者,必自下利,葛根汤主之。

太阳与阳明两经同时感受外邪而发病,症见发热、畏寒、头痛无汗等表证,又见腹泻的,用葛根汤主治


太陽経と陽明経の両方が同時に外邪に影響を受け発病し、発熱、畏寒、頭痛、無汗などの表証が見られ、また下痢があるのは葛根湯の主治である。


合病:二经或三经同时受邪而发病。
感受gǎnshòu感じとる.影響を受ける.\体験から得た考え.体得.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。