漢方関係

034.葛根黄連黄湯

34、太阳病,桂枝证,医反下之,利遂不止,脉促(一作纵)者,表未解也;喘而汗出者,葛根黄芩黄连汤主之。

太阳病,证属桂枝汤证,本当用汗法,医生却反而用下法,导致腹泻不止,脉象急促、短促的,是表证尚未解除的表现,如果出现气喘、汗出等内热证的,用葛根黄芩黄连汤主治。


太陽病で桂枝湯証に属していて、本来は発汗方を用いるべきところ、医師がむしろ返って瀉下方を用いて下痢が止まらなくなり、脈が急促で短促なのは、表証がまだ治っていないということで、もし喘息、汗などが出るのは内熱証であり、葛根黄芩黄連湯を用いて治す。


尚未shàngwèiまだ…していない.
气喘qìchuǎnぜんそく


葛根黄芩黄连汤方
葛根半斤,甘草二两,炙,黄芩三两,黄连三两,上四味,以水八升,先煮葛根,减二升,内诸药,煮取二升,去滓,分温再服。

葛根半斤,甘草二两,炙黄芩三两,黄连三两,以上四味药,用水八升,先加入葛根煎煮,煮去二升水分,再加入其他药物,煎煮成二升,去掉药渣,分二次温服。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。