漢方関係

044.桂枝湯(表証の誤治)

44、太阳病,外证未解,不可下也,下之为逆,欲解外者,宜桂枝汤。

太阳病,表证没有解除的,不可使用攻下法。如果使用攻下法,就违背了治疗规律,属于误治。如果要解除表邪,适宜用桂枝汤治疗。


大陽病で表証が残っているのは、瀉法を用いてはならない。瀉法を使用して下すのは治療法則にあっておらず、誤治である。
もし、表面の邪(表邪)をとる必要があるのなら、桂枝湯を用いて治療するのが適している。


表証:悪寒、発熱、頭痛、身体痛、浮脈などの症状
违背wéibèi背く.従わない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。