漢方関係

074.五苓散

74、中风发热,六七日不解而烦,有表里证,渴欲饮水,水入则吐者,名曰水逆,五苓散主之。

太阳中风证,经过六七天而不解除,既有发热、畏寒、头痛等表证,又有心烦、小便不利等里证,如果出现口渴想喝水,一喝水即呕吐,这就叫水逆,用五苓散主治。


太陽病中風証で、6、7日が過ぎても症状が取れず、発熱し畏寒して、頭痛などの表証だけでなく、心煩や小便不利などの裏証があり、もし水を欲する口の渇きが出るが、水を飲むとすぐ吐くのは水逆と呼び、五苓散を用いて治療する。


既…又…jì…yòu……であり,かつ…でもある.…であるばかりか…でもある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。