戯言・由無し事

一年の計は元旦にあり 2022年度

昨年度(2021年度)の総括から

まずは2021年度の振り返り

第一目標:中国語のスキルアップ

 ぼちぼちかなぁ。

 新型コロナウイルスの影響で中国出張もなく、台湾旅行も無い中では、モチベーションの確保が難しい。

 それでも自分なりにはしっかりと続けてきた。

第二目標:資格試験

 メンタルヘルスケア検定2種、ビジネス実務法務検定2級、リテールマーケティング(販売士)2級、ビジネス会計2級と商工会議所のメインな感じの資格は取れたと思う。

 この目標は100%以上の達成と言ってもいいと思う。

第三目標:読書量を増やす。

 50冊くらいしか読めない。少ないとは言わないけれど、大人として多いとは言えない数。

 資格試験対策学習との並行となると、どうしても読書の時間を削ってしまっていたところがある。

 仕方ないか・・・。

四目標:台湾旅行

 これは個人ではどうすることもできない問題だった。

2022年度目標

第一目標:中国語のスキルアップ

 これはもうすでに生涯目標かもしれない。なので、キムタク(木村拓哉)の永久ベストジーニスのごとく、対象外にした方が良いのかもしれない。

 一応、今年も掲げてく。

第二目標:行政書士資格取得

 中国語のスキルアップが定番目標としたら、実質の今年のメイン目標はこれかもしれない。

 11月第2日曜日が試験日。合格したら、35mmフルサイズのカメラを新調したい。

第三目標:読書量は減らさないように

 第2目標の行政書士資格取得に時間を取られて読書量が減っている。優先順位で言ったら、中国語学習>行政書士の学習>読書になってします。

 それでも最低限の時間は取りたいところ。有給休暇を取得して読書日とするか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。