漢方関係

106.桃核承気湯

太阳病不解,热结膀胱,其人如狂,血自下,下者愈。其外不解者,尚未可攻,当先解其外;外解已,但少腹急结[注]者,乃可攻之,宜桃核承气汤。

太阳表证没有解除,邪热内入与瘀血互结于下焦膀胱部位,出现有似发狂、少腹拘急硬痛等症状,如果病人能自行下血的,就可痊愈。
如果表证还没有解除的,尚不能攻里,应当先解表,待表证解除后,只有小腹拘急硬痛等里证的,才能攻里,适宜用桃核承气汤。


太陽病表証が解けず、邪熱が内に入り下焦の膀胱系と結ばれると、発狂に似た症状やお腹のが硬く張って痛む(拘急硬痛)などの症状が出て、もし病人が自ら下血するのであれば、病は治る。
もし、表証がまだ解けないのであれば、裏を攻めてはいけない。先に表証を治するべでき、表証が治って、小腹部の緊張や張り・痛み(拘急硬痛)などの裏証の症状だけになってから、裏を攻めてよく、桃核承気湯を用いるのが適している。


桃核承气汤方

桃仁五十个,去皮尖,大黄四两,桂枝二两,去皮,甘草二两,炙,芒消二两,上五味,以水七升,煮取二升半,去滓,内芒消,更上火,微沸下火,先食温服五合,日三服,当微利。
桃仁五十个,去皮尖,大黄四两,桂枝二两,去皮,甘草二两,炙,芒硝二两,以上五味药,用水七升,先加入前三味药煎煮成二升半,去掉药渣,再加入芒硝,然后放在火上,微微煮开后离火,每次饭前温服五合,一日服三次。服药后应当出现轻度腹泻。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。