漢方関係

111.陰液欠損

太阳病中风,以火劫发汗,邪风被火热,血气流溢,失其常度。两阳相熏灼,其身发黄。阳盛则欲衄,阴虚小便难。阴阳俱虚竭,身体则枯燥,但头汗出,剂颈而还,腹满微喘,口干咽烂,或不大便,久则谵语,甚者至哕,手足躁扰,捻衣摸床。小便利者,其人可治。

太阳中风证,用火法强迫发汗,风邪被火热所迫,血气运行失去正常规律,风与火相互熏灼,影响肝胆疏泄失常,病人身体就会发黄,阳热亢盛,迫血上出就会出现衄血,热邪灼津,阴液亏虚就会出现小便短少。
气血亏乏,不能滋润周身,就会出现身体枯燥、仅头部出汗、到颈部为止。
阳盛而阴亏,则腹部胀满,微微气喘,口干咽喉溃烂,或者大便不通,时间久了就会出现谵语,严重的会出现呃逆、手足躁扰不宁、捻衣摸床等征象,如果小便尚通畅,示津液犹存,病人还可救治。


太陽病中風証で、火を用いて無理やり発汗させると、風邪が火熱に追いつめられ、血気の運行が正常な働きを失なう。そして、風と火は相互に焼き炙られ影響し、肝胆の疎泄が常軌を逸し、体は黄色くなり、陽熱が亢盛になり、鼻血が出そうになったり、邪熱が津液を乾かして陰液欠損になり小便の量が減る。
気血が欠乏すると、全身を潤せず、体は枯燥し、頭部だけ汗が出て、首は汗が出ない。
陽が盛んか陰が少なくなると、腹部が脹満し、軽く喘息が出て、口や喉がただれる。あるいは便秘し、時間が経つとうわ言をいい、ひどくなるとしゃっくりが出て、手足をばたばたさせ落ち着かず(躁擾不寧)、衣服を捩ったり、床を撫でたりする症状が現れる。
小便がスムーズなものは、津液がまだあるので治療可能である。


强迫qiǎngpò\圧力をかけて従わせる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。