漢方関係

126.抵当丸

伤寒有热,小腹满,应小便不利,今反利者,为有血也,当下之,不可余药,宜抵当丸。

外感病,发热,小腹部胀满,如果水饮内蓄的,应当小便不通畅,现小便反而通畅的,是下焦蓄血证,应当攻下瘀血,不可用其它药物,适宜用抵当丸。


風邪をひいて発熱して小腹部が張る症状が、水飲内蓄によるものであれば、当然小便不利になる。却って小便がでるのは、下焦の蓄血症である。よって、攻下瘀血で治療する。その他の薬を用いてはならない。抵当丸が適している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。