外出

金冠日食

 

引用:
日本の陸地に限ると、金環日食が観察できるのは、1987年9月23日に沖縄本島などで見られた金環日食以来のことです。次回も2030年6月1日に北海道で見られる金環日食まで、18年間起こりません。非常に珍しい現象と言えるでしょう。(国立天文台HPより抜粋)

 さて、こうあっては何としても見たくなるのが人情ってものです。
 朝6時代から日食が始まり、7時20分前後に金冠になるとのことで、もっともよく見えるラインが、和歌山串本に走っていたので、橋杭岩(串本町)まで行くことにした。
 夜中1時に大阪を出発し、5時前に着いたときには結構駐車場がギリギリでもう少し遅くなると停められなかったかもしれないくらいの人だかり。
 報道各社も来ていてたけれど、まぁガラが悪いわ。近所の子供たちもたくさん来ているなかで、くわえ煙草をしているクルーとかもいて、企業のちょっとした不祥事などでも力いっぱい叩くのに、マスコミの足もとは基本マナーしかできていない人種の集まりだと再認識。

 さて、それはそうと、天候はいまいち良いとは言えない状態だったけれど、合間合間に雲の隙間から顔を出す太陽に歓声があがり、逆にずっと見なくて目に優しくてよかったかもしれない。
 完全に金冠になった状態も見られ、串本町まで来たかいがありました。

<備忘録>
 近くにいた団体が、各人のグラス(日食メガネ)を交換しあっていたけれど、やはり安いもの(数百円)は見え方が悪いとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。