漢方関係

147条 柴胡桂枝乾姜湯

伤寒五六日,已发汗而复下之,胸胁满微结,小便不利,渴而不呕,但头汗出,往来寒热,心烦者,此为未解也,柴胡桂枝干姜汤主之。

外感病五六天,已经发汗又用泻下,出现胸胁满闷微有硬结,口渴,不呕,头部出汗,发热畏寒交替而作,心中烦躁不安的,这是病没有解除,用柴胡桂枝干姜汤主治。


外感病に罹り5,6日が経ち、すでに発汗・瀉下させたが、胸や脇が張って硬く固まったようになり、口が渇くが吐き気はなく、頭部に汗をかき、発熱と畏寒を繰り返し(往来寒熱)、心中は不安で落ち着かないのは、病がまだ癒えていない。柴胡桂枝乾姜湯を用いて治す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。