漢方関係

第220条〜第229条

第220条

二阳并病,太阳证罢,但发潮热,手足漐漐汗出,大便难而谵语者,下之则愈,宜大承气汤。

太阳阳明两经并病,太阳表证已解,仅只见发潮热,手足微微出汗,大便解出困难而谵语的,是属阳明里实,攻下里实就可痊愈,适宜用大承气汤。


太陽病と陽明病の併病で、太陽病の表証はすでに解け、ただ潮熱(決まった時間に熱が出る)だけが見られ、手足から少し汗が出て、大便が出にくくてうわ言を言い。
陽明病が裏実に属するからで、瀉下させれば治る。大承気湯が適している。



第221条

阳明病,脉浮而紧,咽燥口苦,腹满而喘,发热汗出,不恶寒反恶热,身重。若发汗则躁,心愦愦反谵语。若加温针,必怵惕烦躁不得眠。若下之,则胃中空虚,客气动膈,心中懊憹,舌上胎者,栀子豉汤主之。

阳明病,脉象浮而紧,咽喉干燥,口中感觉苦,腹部胀满,喘息,发热,汗出,不怕冷,反而怕热,身体沉重,是属阳明里热证。
如果误发其汗,就会出现心中烦乱不安、甚或神昏谵语的变证;如果误用温针,就会导致恐惧不安、烦躁失眠的变证;如果误行攻下,就会损伤胃气,致邪热扰于胸膈,出现心中烦躁厉害,舌上生薄黄苔,用栀子豉汤主治。


陽明病で、脈が浮で緊、喉が乾燥して口の中が苦く、お腹が張り、喘息して発熱発汗があり、寒気はないがむしろ暑がり、身体が重い。これは陽明の裏熱証に属する。
もし、誤って発汗させると、いらいらして心が乱れ不安(心中煩乱不安) 感がでて、さらには意識がはっきりせず(神昏)うわ言を言うようになる。;もし誤って温針を用いると、不安でびくびくしだし(恐惧不安)、煩わしくて気がもめて眠れなくなる(烦躁失眠)。もし誤って瀉下させると胃気を傷つけ、邪熱が胸や腹の周りをかき乱し、気持ちの苛立ち(心中煩躁)が甚だしくなり、舌に薄い黄色の苔ができる。梔子鼓湯を用いて治療する。



第222条

若渴欲饮水,口干舌燥者,白虎加人参汤主之。

如果误下后热盛津伤,出现口渴想喝水,口干舌燥的,用白虎加人参汤主治。


もし、誤って瀉下させた後、熱が盛んで津液を傷つけ、喉の渇きが出て、口やしたが乾燥する場合は、白虎加人参湯を用いて治療する。



第223条

若脉浮发热,渴欲饮水,小便不利者,猪苓汤主之。

如果误下后出现脉浮、发热、口渴想喝水、小便不通畅的,属阴伤有热、水热互结于下焦,用猪苓汤主治。


もし、誤って瀉下させた後、脈が浮になり、熱が出て、口が渇いて水を飲みたがり、おしっこの出が悪くなるのは、陰が損傷して熱がでる(陰傷有熱)に属する。水と熱が互いに下焦で結ばれている。猪苓湯を用いて治療する。



第224条

阳明病,汗出多而渴者,不可与猪苓汤,以汗多胃中燥,猪苓汤复利其小便故也。

阳明病,汗出多而口渴的,属汗多津伤、胃津不足的口渴,不能用猪苓汤治疗。
因为猪苓汤能够通利病人小便,使津液进一步损伤。


陽明病で、汗が出て口が渇くのは、多汗による津液の損傷(汗多津傷)に属し、胃の津液の不足による喉の渇きであり、猪苓湯では治療できない。
猪苓湯は、おしっこが十分にでる人に使うと、さらに津液を傷つける。



第225条

脉浮而迟,表热里寒,下利清谷者,四逆汤主之。

脉象浮而迟,外有假热内有真寒,腹泻完谷不化的,用四逆汤主治。


脈が浮で遅、表に偽熱があるが実際は裏は寒で、消化しきれていない便が出る場合は、四逆湯を用いて治療する。



第226条

若胃中虚冷,不能食者,饮水则哕。

如果胃中虚寒不能进食的,饮水后就会出现呃逆。


もし胃が虚して冷え、食事が摂れないのは、水を飲むとシャックリが出るだろう。



第227条

脉浮发热,口干鼻燥,能食者则衄。

脉浮发热,口干鼻燥,能够饮食的,为阳明气热炽盛,气病及血,迫血妄行,就会出现衄血。


脈が浮で発熱して、口と鼻が乾いて、食事は十分にできるのは、陽明の気熱の勢いが盛んで、気の病が血に現れている。熱が血分に入って血絡を損傷して(迫血妄行)、鼻血が出るだろう。

迫血妄行:迫血妄行是指热入血分,损伤血络而表现的出血证候。



第228条

阳明病,下之,其外有热,手足温,不结胸,心中懊悩,饥不能食,但头汗出者,栀子豉汤主之。

阳明病,经用泻下法治疗,身热未除,手足温暖,没有结胸的表现,心中烦躁异常,嘈杂似饥而不能进食,仅见头部汗出的,用栀子豉汤主治。


陽明病で瀉下法で治療したが、身体の熱が取れず、手足が温かく、結胸の症状は無く、気持ちの苛立ち(心中煩躁)が顕著で、胃が虚して飢えたようになり食べられず、ただ頭部にのみ汗が出るのは、梔子鼓湯を用いて治療する。

注)嘈杂cáozá の一般的な意味は「ざわざわと騒がしい.」。中医病名的には「胃中空虚」を指す。



第229条

阳明病,发潮热,大便溏,小便自可,胸胁满不去者,与小柴胡汤。

阳明病,发潮热,大便稀溏,小便正常,胸胁胀闷不除的,为少阳之邪未尽,宜用小柴胡汤治疗。


陽明病で、決まった時間に熱が出て(潮熱)、大便は薄い泥状で、おしっこは正常、胸脇の張りが取れないのは、少陽の病がまだ残っている。小柴胡湯で治療する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。