外出

ジャグリング・パフォーマンス集団

 実家の裏手にある結構広い公園でガキども(甥っ子姪っ子)を遊ばせていたら、アマチュアジャグリングパフォーマンス集団がショーを見せてくれると言うので、子守の身分としては「ありがたい」ってもんで、一緒に見せてもらった。
 「お好みやき」という集団らしい。
 うん、まぁ若手がボランティアでやっているので応援したい。

 で、点数を付けるとしたら、-20点ってところかなぁ。
 いや、ほんと子守をしていた身としては、めちゃくちゃ助かったし、ボランティアでやっているみたいなので決してクレームではなく感じたことを以下。(自ら「パフォーマンスします。」と言ったのでパフォーマーとして評価した場合)

1.演技前から言い訳なぞ不要。「練習しているやつをします。」「難しい技です」など
2.失敗したときの言い訳も不要。
3.縁者の後ろで練習しなさんな。目障り。ってか、演技をしていない人も集団である限りは縁者と同じく出演者には変わりない。
4.音源もi-podはなかろう。電池で動くスピーカーもあるよ。
5.出演順など思い付き過ぎ。イレギュラーはあるにせよ、ある程度決めておくべき。
6.縁者とその周りとの言い訳くさい私語が多すぎ。
7.見ている方も、子供とは言え、大切な時間を割いてくれているんです。自分たちが「見せたい」だけが全面に出過ぎ。

 っと、自らもパフォーマーの端くれとして、反省を込めて書いてみた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。