外出

大阪維新の会 タウンミーティング(橋下知事)

 阿倍野(近所)で大阪維新の会のタウンミーティングがあると言うことで、ミーハー半分で橋下知事の話を聞きにってみた。
 正しいとか正しくないかの判断は語るつもりはない。
 ただ、壇上で維新の会のメンバーである、市会議員と府会議員がお互いを「先生、先生、先生、先生」と呼び合っていたのに違和感を感じた。

 「先生と呼ばれるほどの馬鹿じゃなし。」ってね。

 一応、主催が「大阪維新の会」として互いにそのメンバーであるなら、身内は呼び捨てでも良いくらいで、それに抵抗があるならせめて「さん」だな。
 「先生、先生、先生、先生」と何度も連呼されると違和感を感じる。
 「○○の件につきましては、△先生から」って言われても。

 全体的に橋下知事の話しは面白かった。政治的にどうこう言うのではなく、タレント性があった。
 ただ、会全体を通してスタッフの対応など「烏合の衆」の感が否めない。「単に橋下人気にすがって集まっただけ?」っとも感じられた。

 結論
 「橋下知事の話しは良かった。大阪維新の会は駄目だった。」と言う印象を受けたタウンミーティングでした。
 それでも今の大阪市政・府政に比べたら期待はできると言うのは確(?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。