外出

ひつまぶし:竜田(名古屋市)

 本日は名古屋出張。
 ほぼ1年ぶり。

 地域的には大須観音近くで、フィギュアスケート銀メダリスト・浅田真央選手のホームリンクがある。(伊藤みどり選手も)
 だからと言って、スケート選手がスケート靴を履いてその辺をウロウロしているわけではないけれど。

 浅田真央選手が絶賛している『互楽亭』のチャーハンは、あまりにもミーハーだし、チャーハンをわざわざ名古屋で食う事も無かろうと、同じく浅田真央選手も来店する鰻屋へ行ってきた。
 大通りから少し入ったところで、他の客層も地元っぽい人ばかり。孤独のグルメ風なら「よしよしいいぞいいぞ こういう風情がいいんだよ」 。

 で、ひつまぶしを食う(1,700円)。
 これなら、「浅田真央選手+名古屋名物」と話題的には一挙両得 

 「よしよし、俺のひつまぶし魂に火がついてきた。」(再び、孤独のグルメ風)

 1杯目は普通に食う。(+山椒)
 2杯目は薬味で食う。
 3杯目はお茶漬けで食う。
 っと、王道な食し方にて完食。
 最後、残った茶漬汁(と言ってもお茶でなく出汁)を茶碗に汲んで、蕎麦湯のごとく飲んでみたら、これまた旨かった。

 以前は名古屋に来て、ひつまぶしや味噌煮込みうどんを食べた翌日は、「いつでも小泉エリに声を掛けられても大丈夫」っとか思っていたものだが、現在はすでにゴールしている(=ごはんリレー)のが寂しい。

107
106

 帰りは、当然新幹線にて晩酌。
 と言うことで、駅の売店に入ると「味噌カツサンド」なる観光客心をくすぐるものが目に入る。
 麦酒とあわせて即買。

 発車して10分程度で味噌カツサンドをつまみに飲み終わり、あとは寝て起きたら新大阪。

 日帰りだったけれど、なかなか満足な出張だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。