読後感

アカペラ(山本文緒)

「アカペラ」、「ソリチュード」、「ネロリ」の3作品が収められている。

 いずれの3作とも人間関係あるいは男女関係の様なものに重点を置いているようだが、いまいちどれも薄く、設定などが半端に思えてしまうのは感性があわないからかな?
 半月ほど前に呼んだ、「けちゃっぷ(喜多 ふあり)」でもそうだったように、(登場人物の)半端かつちょっと病んでるような設定が時代のニーズなんだろうか(個人的には薄っぺらく感じてしまう)。
 ネロリの最後のオチは、「そこで無理矢理キャラクターたちを親族にする必要性はないだろ。」っと思ったし、単に作者が伏線っぽいのやってみたくてを「無理矢理ぶち込みました」感がある。

 読み進めていて、「あれ、今俺ってコバルト文庫の作品を読んでる?」っと思ってしまった。(コバルト文庫が上とか下とか、良いとか悪いとかでは無く、コバルト文庫テイストな作品って意味です)。
 割り切ってしまえば、そういうテイストで楽しめるんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。