日常・日記

企業の姿勢の違い

引用:
ヨドバシのカルティエに偽物? 直営店「偽造品」と判断2010年2月23日15時25分

 大手家電量販店で買った高級ブランド「カルティエ」の腕時計は偽物だった?――横浜市の男性(34)が7年前に購入した品を直営店に持ち込んだところ、「偽造品」として修理を断られた。販売したとされる「ヨドバシカメラマルチメディア横浜店」(同市西区)は別の時計への交換に応じたが、偽物かどうかは「わからなかった」と説明している。

 男性は2003年7月、カルティエの腕時計「パシャC」を市場価格より2割ほど安い33万3900円で購入。昨年6月に同市内のカルティエ直営店で修理を依頼したところ、「他社製品のため修理できない」と断られた。男性がヨドバシ側に伝えると、「返金か、最新の時計への交換に応じる」と言われ、交換してもらったという。

 朝日新聞の取材に、カルティエとヨドバシもこうした経緯を認めている。

 ヨドバシは「偽造品かどうかの調査の結論は出なかったが、お客を待たせるわけにはいかないので交換した。(偽物だとしても)今回持ち込まれた品と販売した品が同じかも確認できない」と説明する。同社によると、店頭で販売しているカルティエの腕時計は国内の代理店を通さない並行輸入品。本社で一括して輸入しているが、複数の仕入れルートがあるという。「今回の品をどこから仕入れたのかが確認できなかった」と話している。(山本孝興)
http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY201002230280.htm

 もう、10年以上も前の話しだが、ベルーナ(Belluna)で購入したプラダの財布で同じことがあったのを思い出した。
 購入したのは私ではないけれど、一緒にプラダにも出向き、ベルーナとも電話交渉もした。
 唯一の違いは、ヨドバシが返金か交換に応じているのに対し、ベルーナは「うちは本物しか扱っていない。」と強行につっぱねたところかな。
 担当者とその上司の電話応対には最初から最後まで「他で同じ偽者を購入して、難癖をつけるクレーマー」と言う雰囲気の語調があった。(当然、こちらは明細などは保存しているが)
 また、プラダの店舗の人に、ベルーナから確認の電話があったことを聞いて、そのことをベルーナに「貴社からもプラダさんへ確認してくれていますよね?」と聞いたら、「うちはわざわざ確認するまでもなく本物しか扱っていない。プラダに電話などしていない。」と言われたことも思い出した。
 プラダかベルーナのいずれかが嘘をついていることになるが、プラダに何のメリットもないことを考えるとどちらが嘘をついているかは、想像に難くない。
 ただ、ベルーナもヨドバシも消費者を騙すつもりはなく、ルート的には本物として購入したんだろう。大きな違いは、問題が起きたときの対応なだけで。
 
 話しはぜんぜん違うが、昨年TVをヨドバシで買い換えたときに3日で、TVの画面に赤い線が入るようになった。3日で不具合が出るくらいだから、おそらくはメーカーの責任だと思われるので、直接メーカーに電話したら「引き取って、故障かどうか検証してから、故障でしたら修理します。」+「そういう仕様です。」みたいなことを言われた。
 で、すがる思いで、ヨドバシに電話して故障の症状を伝えたらすぐに返品交換をしてくれたのも思い出した。
 さらに、その昔もPCの機材を買って「相性が合わなかった」時も即返金してくれたこともある。
 ヨドバシのメーカー泣かせな悪いうわさも聞くが、ここ10年は家電は他店と比べることもなくヨドバシカメラで購入している(多少高くても、他店と比べる時間の節約と、問題が起きたときに解決に割く時間を考えれば常に最安ではないだろうか)。

 別に親戚縁者にヨドバシカメラ関係者どころか、家電量販店勤務の人間はいてないけれど、ちょっと嫌(ベルーナ)な話とヨドバシの話しを思い出したので。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。