マジック

リングフライトと言うマジック

 リングフライトと言うマジックがある。

 現象を簡単に説明すると、お客さんからお借りした指輪(リング)が消失して、マジシャンのポケットの中にあったはずのキーケースにつながって出てくる。と言うマジックである。

 かなり不思議で不可能設定度は高いので、愛用しているマジシャンは多い。
 (阿呆なマジシャンほど借りた道具でマジックをしたがると言う傾向があることは否めないけれど)

 ただし、このマジックはそのキーケースにタネ(仕掛け)があり、キーケースのキーを繋げる部分がリール(巻き戻る)になっていて、見えないように指輪を繋いで、キーケースまで飛ばす(巻き戻す)と言うタネである。

 単純に考えて、指輪(リング)をキーケースにつなぐ時点、そしてそれを飛ばす時。その2点において指輪(リング)に傷がつく可能性があるし、傷がついても不思議ではない構造である。

 まともな神経を持った人間なら、指輪の選別を慎重に行う。ただし、マジシャンという時点で、まともな神経を持った人は稀有なので、自分で書いておきながら、この仮説は無意味であることを知る。

 私は、人から指輪を借りて行うマジック行う場合は、数千円程度(問題なく弁償できる額)のファッション的な指輪であることを確認する。さらに金額の問題とは別に思い出の指輪とかでないことも確認するようにしている。(※100円ショップのオモチャですらその人にとっては、掛け替えのない品かもしれないことだってある。ただ、こういう気遣いができるマジシャンはほとんどいてない。)

 さて、本題。

 もう何年も前の話しになるので今更だけど、某マジックバーでの出来事。

 マジックバーのスタイルとして、何組かのお客さんに同時にまとめてショーを見せることは普通にある。

 そんな時にマジシャンが「指輪を貸して欲しい。」と言い出した。同席に女性も多かったのだが、若い子が多く、ファッション的にも指輪をしている人がいてなくて、「左手の薬指」に指輪をしていた私が指輪を貸すことになった。

 この時点でまともな人間なら、無難なマジックをして終了するところである。ところが、バーマジシャンはバカなので、「このマジックをする。」と決めたら臨機応変に対応できないのである。あろうことか、人様(私)が「左手の薬指」から外した指輪でリング・フライトをおっぱじめた。バーマジシャンはバカなので、左手の薬指に嵌っている指輪が婚約指輪と言うことを知らない可能性も否定はできないけれど・・・。

 もちろん、非手品人からしたら「貸した指輪がキーケースに繋がってでてくるだけ。」のマジックである。

 しかし、こちらからすると、傷がついたりする可能性のあるマジックをよくもやってくれたものだ。やっぱりマジシャンは頭が悪いか、イかれているかのどちらかなんだろうなぁっと言うことを再確認したしだい。

 もともと、ずっと嵌めっぱなししている指輪なので、いたるところに小さな傷があり、新たにひとつくらい小さな傷がついてもわからないのだけれど、もしも大きな傷がついたり、嵌ってあるダイヤが外れたりしたら、「テメーら雇われのバーマジシャンごときの収入からみたら、そのリングは安くは無いぞ。」って言いたい。それ以前に「左手の薬指」に嵌っている指輪が金で解決できるものでもないと言うことは、一般的な感覚をもっていたら理解できるはずである。(もちろん、一般的な感覚をマジシャンなんぞに期待はしないけれど)。

 不思議であれば、思考が停止する。それがマジシャン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。