バラ科」タグアーカイブ

桜[さくら](桜皮[おうひ])

<桜皮:刻み>

<桜:桜花>一つ一つの花は淡い色をつけ可憐。しかし、花咲く姿は荘厳にして華麗。そしてその散り際の潔さ。世界から日本の花=桜と認めらるのも、世界が桜と日本人の姿に重なるところ見出しているからだと思います。

中国を代表する梅花も好きですが、梅の艶やかさとは違い、やはり日本人は桜ですね。

20150405

杏[あんず](杏仁[きょうにん])

杏仁と桃仁はよく似ているが、杏仁の方が尖っていない方(底面?)が扁平。イメージとしては、ハート型に近くなる。しかし、個体差があるので、一つだけを比べて言えるものではなく、全体としてその傾向にある。
<杏仁:原形>

木瓜[もっか:ぼけ]

<木瓜:花>長居植物園にて。

<木瓜:実>20170730 長居植物園にて



※日本の市場(日局外生薬規定)で木瓜とされているのは、カリンの果実。つまり榠櫨(カリン)のこと。本ページは本来の木瓜[ボケ]を記載。(参考:漢方くすりの事典、鈴木洋著)

桃[もも](桃仁[とうにん]、山桃仁[さんとうにん]、扁桃仁[へんとうにん]、桃葉[とうよう])

<桃葉:刻み>

<山桃仁:原形>

<扁桃仁:原形>