戯言・由無し事

(思想的な)多様性を求める人ほど多様性を認めない。

(思想的な)多様性を声高に叫ぶ人ほど、他人に自分の価値観を押し付けようとする(=考え方の違う人の多様性は認めない)傾向が強い。強いと言うかほぼ間違いなくそうであると感じる。
ともすれば、相手を悪と決めつけて平気で攻撃(口撃)をしてくる。そしてその攻撃(口撃)は(自分だけが正しいと思っている)確信犯なので、いくら理論立てて反撃しても立て板に水となる。
思考が停止している最たる人々。
派生形として、「自分たちは理解されていない。理解して!!!。」と声高に叫ぶ人(流行りの言葉で言うとマイノリティ)ほど、自分たち以外のことは理解しようとしない。
そのくせ自己主張は強く、すぐにパレードをしたがる(笑)
 百歩以上譲って、「そう言う考え・嗜好の人がいてることを知って」と言う主張であればまだ許せるが、「俺たち(私たち)を理解しろ。」と強要するのは無茶苦茶である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。