漢方関係

014.桂枝加葛根湯の主治

14、太阳病,项背强几几,反汗出恶风者,桂枝加葛根汤主之。

太阳病,项背部拘紧不柔和、俯仰不能自如,本应当无汗,反而出现汗出、怕风等太阳中风证的,用桂枝加葛根汤主治。


太陽病で、うなじや背部が硬く張って緊張し、うつむいたり顔を上げたりができず、本来は汗が出ないはずだが、むしろ汗が出て、風を嫌うなどの太陽病中風証のものは、桂枝加葛根湯を用いる。


几几:音紧紧(jin jin),紧固拘急不柔和貌。
俯仰fǔyǎngうつむくことと顔を上げること.一挙一動.


桂枝加葛根汤方
葛根四两,麻黄三两,去节,芍药二两,生姜三两,切,甘草二两,炙,大枣十二枚,擘,桂枝二两,去皮,上七味,以水一斗,先煮麻黄、葛根,减二升,去上沫,内诸药,煮取三升,去滓。温服一升,覆取微似汗,不须啜粥,余如桂枝法将息及禁忌。

葛根煎煮,煮去水分二升,除去上面的白沫,再加入其它药物,共煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。服药后复盖棉被取暖保温以助发汗,使病人遍身微微汗出为度。除服药后不需喝热粥外,其余的调养护理方法及服药禁忌均同桂枝汤。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。