漢方関係

023.桂枝麻黄各半湯

23、太阳病,得之八九日,如疟状,发热恶寒,热多寒少,其人不呕,清便欲自可,一日二三度发。脉微缓者,为欲愈也;脉微而恶寒者,此阴阳俱虚,不可更发汗、更下、更吐也;面色反有热色[注]者,未欲解也,其不能得小汗出,身必痒,宜桂枝麻黄各半汤。

太阳病,已经得了八九天,病人发热怕冷,发热的时间较长,怕冷的时间较短,一天发作二三次,好象疟疾一样,病人不呕吐,大小便正常,这是邪气郁滞在表的表现。
此时,如果脉象渐趋调匀和缓的,是邪气去、正气复的症象,疾病将要痊愈。
如果脉象微弱而怕冷的,这是表里阳气均虚,可能系误用汗、吐、下所致,因此,就不能再用发汗、攻下、涌吐的方法治疗了。
如果面部反而出现红色的,表明邪气仍郁滞在肌表未能解除,病人皮肤还一定有搔痒的症状,适宜用桂枝麻黄各半汤治疗。


太陽病ですでに8、9日が過ぎて、病人が発熱し寒気がして、発熱の時間が比較的長く、寒気を感じる時間が短く、日に2、3度マラリアの様な発作があり、嘔吐はせず、大小便が正常なら、邪気が鬱滞しているということである。
この時、脈が落ち着きだし缓脈となってくれば、邪気が出て、正気が戻っている症候で、病気は間も無く全快する。
もし、脈が微弱で寒気がするなら、表裏の陽気が共に虚しているので、発汗、吐瀉、瀉下させてはならない。
もし、顔つきが反して紅潮し、邪気の邪気が体表にまだ鬱滞しつづけているなら、皮膚が痒くなる症状が必ず現れ、桂麻各半湯(桂枝麻黄各半湯)を用いるのが適している。


清便欲自可:谓大小便趋于正常。
脉微缓:脉象和缓。
阴阳俱虚:指表里俱虚。
热色:红色。
发作fāzuò(症状や作用が)突発的に起こる.
疟疾nüèji⦅医学⦆マラリア.
此时cǐshíこのとき.
渐(漸)jiàn 次第に.少しずつ.だんだんと.
趋(趨)qū物事がある方向に発展する.ある方向に傾く.
调匀tiáoyún過不足ない.むらがない.
将要jiāngyào間もなく…する
因此yīncǐだから.そのために.これによって.


桂枝麻黄各半汤方
桂枝一两十六铢,去皮,芍药,生姜,切,甘草,炙,麻黄,各一两,去节,大枣四枚,擘,杏仁二十四枚,汤浸,去皮尖及两仁者,上七味,以水五升,先煮麻黄一二沸,去上沫,内诸药,煮取一升八合,去滓,温服六合。本云,桂枝汤三合,麻黄汤三合,并为六合,顿服。将息如上法。

二沸,除去上面的白沫,再加入其余各药,煎煮成一升八合,去掉药渣,每次温服六合。旧本说:取桂枝汤三合,麻黄汤三合,合为六合,一次服完。调养护理方法同前。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。