読後感

坊主は乞食だぞ 願われて生きる:林暁宇

タイトル:坊主は乞食だぞ 願われて生きる
初版:2007年7月20日(第二刷発行 12月25日)
発行:株式会社樹心社
著者:林暁宇[はやし ぎょうう]


 坊主なんて今時いらんでしょ?(管理人の主観による坊主感です。)

 この著者ら(著者および登場人物)が生きた時代は、第二次世界大戦の戦前、戦中、戦後であり、今とは到底時代が違ったのだとは思う。

 なので、著者や暁烏敏[あけがらすはや]氏(著者の師)、あるいは他の登場人物の様な生き様(いかに苦しくても仏道を行く)もあったのだろう。ただ、現代では二つの意味でそれはもうないと思う。

 まず一つ目は、

「どうやって食っていくかということは一切案ずるな。それは如来さんにおまかせして、君は君のその願いに精進せよ」

 暁烏敏氏の著者(林暁宇氏)への言葉であるが、今の時代、隣人がどの様な家族構成なのか、どの様な人なのかも知らない社会で、地域住民に生かされて生きると言うこと自体がまず無理だろう(否かは知らんけど)。

 さらに、その様な人(仕事もせずに仏法を説いて回る人)が近所に住んでいたら気持ち悪がられるだけである。

 そして二つ目は、私の知る範囲での坊主はすでに、職業坊主である。職業坊主が悪いとは言わない。

「人様が苦労して働いて得た貴重なお金をお布施にいただいて生きておるものが、それを、酒や煙草に費やすなどもってのほかだ」

 暁烏敏氏の言葉です。表題の通り「坊主は乞食」とまで言い切っているので、著者やその他の坊さんたちは、酒・煙草どころか、食うや食わずレベルの清貧を超えた清貧な生活を送っている。

 良い悪いは別にして、いまどきこんな坊主はない。

 むしろ「マーケティング手法を用いたり、YouTubeを利用したりして、信者や参拝客を増やし(=布施を増やし)、他人よりも、より豊かな生活をしたい。」と考えている坊主ばかりであろう。

 ニュースやTV番組でも、スポーツや音楽を用いて、集客を図ることに勤しむ坊主が紹介されたりしている。

 さらに、私自身が夜の街などで知り合ったことのある何人かの坊主は、基本的に普通の俗人であった。悪人ではなく、普通に良い人ではある。ただ酒を煽り、タバコをふかし、女を買う程度である。
 当然、彼らはなんら違法行為をしているわけでもなく、ましてや自分で得た(信徒からのお布施などの)可処分所得を自由に処分しているだけであり、彼らには非難される謂れは一切ない。

 ただ、私自身としては、何かしらで葬儀に参列する様なことがあって、最後に坊主の講釈・説法・説教っぽいものをいくら聞いても、「偉そうな言葉を発しているけれど、心ここにあらずで、“この葬儀(通夜)で得た金で、葬儀(通夜)が終わったら、今夜はどこで酒を飲もうか、いつもの風俗店で女(○○ちゃん)でも買うか。”などと考えながら喋っているだろ」っとか思いながら聞いているので、葬儀(通夜)の場であるにも関わらず笑いを堪えるのに必死である。坊主ごときに講釈をたれられたくないわ。としか思っていない。
 現代の坊主と言う職業は、何の生産性も無く、淘汰されるべく立ち位置(職種)だと思う。しかしながら、宗教法人活動による税金の優遇処置などを鑑みると、世襲の坊主どもが、そう易々とその既得権益を手放すとは思えないが。←自分で言うのもなんですが、そもそもこの著書は、こんな考えの奴が読むものではないです。

経営手腕が気になる。〜真宗大谷派の立て直し〜

 師匠の暁烏敏氏の話はたくさんでてくるが、特にその中でも、1951年当時、財政難に苦しんでいた真宗大谷派の宗務総長に就任して、わずか1年で解消したくだりがある。
 どの様にして立て直したのかは、詳細には語られていない。ビジネス書ではないので当然かも知れないが、その手腕が気になるところではある。経営者としての素質もあるのだと思う。(ちょうど1年後には宗務総長を辞任している。参考:wikipedia)
 それよりも、気になったのが、Wikipediaに記載されている
 1915年 『中外日報』誌上において、複雑な女性関係が問題視され「信界の強盗」と、再三にわたり非難されている。
 複雑な女性関係って何?めっちゃ気になるわ。1913年(36歳)に前妻の死別し、翌年に早くも再婚(この時代の婚姻感などに知識があるわけではないので、事情は分からないけれど)。38歳にして「複雑な女性関係が問題視」って現代の文春砲ならぬ、当時の中外日砲だったのか?。まぁ昔から英雄色を好むというので、そういうことか!?

読了して

 著書内で「話しに出てくる奴(坊主)、出てくる奴、全員、変わっとるなぁ。」。ある意味、超自由人・超我儘人、厨二病を患いすぎ。好きなことをして、好きに死んでいくのだから、それはそれで幸せだよね。って思ってしまう?

 ・・・否。

 戦前・戦中・戦後の庶民が生きることすら大変だった日本において、サブタイトルの「願われて生きる」にある通り、願われて(お布施や施しで)生き抜けたのであれば、著者を含め、この書籍に登場する坊さんたちは、人々に生きる力や希望を与え続けた本当に立派な方だったのであろう。

 時代が彼らの様な生き様を求めたのだと思う。

 彼らが、かようなストイックな生き様を示し、その生き様を見て励まされた多くの日本人が戦後の日本の復興を支え、高度成長期を作り上げ、激動の昭和を生き抜いたおかげで、今の平成・令和と安穏とした時代を享受できているだけだと思う。

 そして、その安穏とした平和な時代においては坊主は乞食ではなく、夜の繁華街では羽振りの良い上客だったり、ただのエロオヤジだったりする。もちろん、なんら悪いことをしていないし、むしろ経済を回しているし、実際にお話をするとトークも上手くて楽しい人たちばかりなんですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。