漢方関係

040.小青竜湯

40、伤寒表不解,心下有水气,干呕,发热而咳,或渴,或利,或噎,或小便不利、少腹满,或喘者,小青龙汤主之。

外感病,太阳表证未解,而又水饮停聚,出现发热,怕冷,咳嗽,干呕,或见口渴,或见腹泻,或见咽喉梗塞不畅,或见小便不通畅、小腹部胀满,或见气喘的,用小青龙汤主治。


外感病で太陽病表証が治らず、また水飲停滞(水饮停聚)があり、発熱し、怕冷で、咳が出て、吐き気をもよおし、あるいは喉が渇き、あるいは下痢し、あるいは喉が塞がり、あるいは小便の出が悪く、下腹部の張りがあり、喘息のあるものは小青竜湯を用いて治療する。


噎:咽喉有梗塞的感觉。
水饮停聚证(水饮内停证):指对人体水液运行输布失常,水停为饮,水饮聚积于机体胸腹、胃肠或四肢等不同部位所表现证候的一种辨证方法。
水饮内停证又称水饮停聚证,常因阳气虚弱,气化不利而致,与肺、脾、肾、三焦关系密切。由于水液停积的部位不同,受侵脏腑不同,故其病机及临床表现亦有所不同。
水饮停聚:水飲停滞
腹泻fùxiè下痢する.
喘气chuǎn//qì大きく息をする.\息抜きする

干呕:证名。呕而有声无物吐出者。出《金匮要略·呕吐哕下利病脉证治》。《诸病源候论·呕哕病诸候》:“干呕者,胃气逆故也。但呕而欲吐,吐而无所出。”胃虚气逆者,宜橘皮竹茹汤、吴茱萸汤。胃中寒者,宜半夏干姜散、理中汤。胃热者,宜黄芩加半夏生姜汤、黄连解毒汤。少阴病干呕下利脉微者,宜白通汤、通脉四逆汤。


小青龙汤方
麻黄,去节,芍药,细辛,干姜,甘草,炙,桂枝,各三两,去皮,五味子半升,半夏半升,洗,上八味,以水一斗,先煮麻黄,减二升,去上沫,内诸药,煮取三升,去滓,温服一升。若渴,去半夏,加栝楼根三两;若微利,去麻黄,加荛花,如一鸡子,熬[注]令赤色;若噎者,去麻黄,加附子一枚,炮;若小便不利,少腹满者,去麻黄,加茯苓四两;若喘,去麻黄,加杏仁半升,去皮尖。且荛花不治利,麻黄主喘,今此语反之,疑非仲景意。

麻黄,去节,芍药,细辛,干姜,甘草,炙,桂枝,各三两,去皮,五味子半升,半夏半升,用水洗,以上八味药,用水一斗,先加入麻黄煎煮,煮去二升水分,除去上面的白沫,再加入其它药物,煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。如果口渴的,去半夏,加括蒌根三两;如果轻微腹泻的,去麻黄,加荛花如鸡蛋大一团,炒成红色;如果咽喉有梗塞不畅感觉的,去麻黄,加炮附子一枚;如果小便不通畅,小腹部胀满的,去麻黄加茯苓四两;如果气喘的,去麻黄加杏仁半升,去掉其皮尖。但是荛花不能治腹泻,麻黄主治气喘,而以上加减法正好与此相反,因此,怀疑不是仲景的原意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。