漢方関係

041.小青竜湯 その2

41、伤寒心下有水气,咳而微喘,发热不渴。服汤已渴者,此寒去欲解也。小青龙汤主之。

外感病,表证未解,水饮停聚,症见咳嗽、气喘、发热、畏寒、口不渴的,可用小青龙汤主治。
如果服小青龙汤后口渴的,是外寒得去,内饮得化,病情将要解除的征象。


外感病で表証がまだ癒えず、水飲が停滞し、咳や喘息、発熱、畏寒があり、喉の渇きがないのは、小青竜湯を用いて治療する。
もし小青竜湯を服用して喉が渇くのは、外寒が去り、内飲が消え、間も無く治る兆候である。


外感病=急性熱性疾患と訳すとしっくりくるか?
将要jiāngyào間もなく…する.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。