読後感

世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた/永井孝尚

タイトル:世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた
初版:2020年11月13日(再版発行:2020年12月15日)
発行:株式会社KADOKAWA
著者:永井孝尚[ながいたかひさ]

 資格試験・検定試験の合格の秘訣は「まずは分からなくても、意味が理解できなくても参考書を最後まで一度読み通す」ことと、私は考えている。要するに、難解なことを理解するにはまずは「ものごとを俯瞰してみること。」と考えている。

 そんな中で、マーケティングと言うなんだか抽象的なことを理解する入口の書として、とにかく俯瞰的に紹介されている本書は、最初にマーケティングに触れるにもちょうど良い。

 紹介されてる50冊については、それぞれが10ページにも満たない程度ではあるものの、要点は抑えられている。もちろん、十分とは言えないが、冒頭に書いてた通り、全体を俯瞰してみるにはちょうど良いボリュームだと思う。また、平易な言葉で書かれており、著者の纏め方がわかりやすく理解しやすいので、10ページ未満だが決して内容が「浅い」とは思わなかった。もっと詳細に知りたければ(理解したければ)、原著をあたればいいだけなので。(英語の原著は・・・ですが)

 これまでマーケティングに興味のない方が読めば、それなりに「わかった気になれる。」と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。