漢方関係

051.麻黄湯

51、脉浮者,病在表,可发汗,宜麻黄汤。

脉象浮的,主病在表,可用发汗法治疗,如见发热、畏寒、身疼痛,无汗等太阳伤寒见证的,适宜用麻黄汤。


脈が浮の者の病は表にあり、発汗法を用いて治療しする。もし発熱、畏寒、身疼痛、無汗などの太陽病傷寒の証が見られれば麻黄湯が適している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。