漢方関係

054.桂枝湯

54、病人藏无他病,时发热自汗出而不愈者,此卫气不和也,先其时发汗则愈,宜桂枝汤。

病人内脏没有其他的疾病,时而发热,自汗出而不能痊愈的,这是卫气不和,不能卫外为固的缘故。
可在病人发热汗出之前,用桂枝汤发汗,使营卫重趋调和,则病可愈。


病人の内蔵に他の病が無く、時に発熱して汗が出るが、病が癒えないのは、衛気が調和しておらず(衛気不和)、衛気が体表を固められないからである。
病人が発熱し汗が出る前に、桂枝湯を用いて発汗すると、営衛は再び調和し、病は治る。


内脏nèizàng内臓.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。