漢方関係

078.梔子鼓湯

78、伤寒五六日,大下之后,身热不去,心中结痛者,未欲解也,栀子豉汤主之。

外感病,得了五六天,用峻泻药攻下后,身热不去,胃脘部支结疼痛的,是热郁胸膈,气机郁结不畅,其病尚未解除,用栀子豉汤主治。


外感病にかかり5、6日が経ち、強い瀉下薬で下した後、身熱が去らず、胃部が詰まって痛むのは「熱鬱胸膈」、「気機鬱結」が解けていないので、病気はなお治らない。梔子鼓湯を用いて治療する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。