漢方関係

079.梔子厚朴湯

79、伤寒下后,心烦腹满,卧起不安者,栀子厚朴汤主之。

外感病,使用泻下药以后,出现心烦不宁、腹部胀闷、坐卧不安的,是热郁胸膈、气滞于腹,用栀子厚朴汤主治。


外感病で、瀉下薬を用いた後、イライラして落ち着かず(心煩不寧)、腹部が張ってうっとおしく(腹部張悶)、居ても立ってもいられない不安が現れるのは、「熱鬱胸隔」、「気滞于腹(腹部で気滞する)」であり、梔子厚朴湯を用いて治療する。


※心烦不宁:「イライラして落ち着かない。」と訳した。


栀子厚朴汤方
栀子十四个,擘,厚朴四两,炙,去皮,枳实四枚,水浸,炙,令黄,上三味,以水三升半,煮取一升半,去滓,分二服,温进一服,得吐者,止后服。

栀子十四个,剖开,厚朴四两,炙,去皮,枳实四枚,用水浸泡,炙,成黄色,以上三味药,加水三升半,煎煮成一升半,去掉药渣,分两次服。如果温服一次,出现呕吐的,停服剩下的药。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。