漢方関係

109.期門2

伤寒发热,啬啬恶寒,大渴欲饮水,其腹必满,自汗出,小便利,其病欲解,此肝乘肺也,名曰横,刺期门。

外感病,发热,畏缩怕冷,口渴很甚,想要喝水,腹部胀满,这是肝木反克肺金的表现,名叫横,当用针刺期门法治疗。治疗后如果出现自汗出,小便通畅的,为肝气得泄,病将痊愈。


外感病で発熱し、寒さに萎縮し(畏縮怕冷)、口の渇きが酷くて水を欲し、腹部が張るのは、肝木が相克に逆らい、肺金を侮って(肝木反克肺金)いる状態で、横と呼ぶ。
期門に針治療を施して治療する。
治療後もし自ら汗が出て、小便のでが良くなるには、肝気が発散できているので、病はもうすぐ完治する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。