漢方関係

123.調胃承気湯

太阳病,过经十余日,心下温温欲吐,而胸中痛,大便反溏,腹微满,郁郁微烦。先此时自极吐下者,与调胃承气汤。若不尔者,不可与。但欲呕,胸中痛,微溏者,此非柴胡汤证,以呕故知极吐下也。调胃承气汤。

太阳病,病传阳明已经十余天,病人胃脘部烦闷不适,泛泛欲呕,胸部疼痛,大便反而稀溏,腹部微有胀满,心中郁闷烦躁,如果是误用峻猛涌吐或泻下药所致的,可用调胃承气汤治疗;如果不是吐下所致的,就不能用调胃承气汤。
此证虽有只想呕吐,胸部疼痛,大便稍溏泄的症状,但不是柴胡汤证。因为病人泛泛想吐,所以可以推知是峻吐峻下所致的。


太陽病から病位が陽明系に移行して10日余りが経ち、胃内部が塞いだ感じがして不快、表面上は吐き気があり、胸部が痛み、反して大便は薄い泥状で腹部は若干張って、心中は気持ちが塞いでイライラする(鬱悶煩躁)する。もし、誤って激しい吐瀉薬や瀉薬を使ってこうなったのであるなら、調胃承気湯が治療に使える。;もし、そうでなければ調胃承気湯は使えない。
この、吐き気をもよおし、胸部が痛み、大便が微かに泥状になる症状は、柴胡湯の証ではない。なぜなら表面的には吐き気をもよおすのは、峻烈な吐法か瀉下法を用いたことが推し量れるからである。


温温:通蕴蕴。蓄结郁结之感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。