漢方関係

122.吐法による脈数

病人脉数,数为热,当消谷引食,而反吐者,此以发汗,令阳气微,膈气虚,脉乃数也。数为客热,不能消谷,以胃中虚冷,故吐也。

病人脉象数,脉数一般为邪热所致,热能消化水谷,应当出现能食的症状,却反而出现不能食而呕吐的,这是发汗不当,导致阳气衰微,胃阳虚躁,因而出现脉数。
这种脉数是假热的表现,不能消化水谷,所以不能食;因为胃中本虚冷、虚气上逆,所以出现呕吐。


病人の脈が数なのは、一般的に邪熱による所である。熱は水穀を消化できるので、当然食欲はある。
反して、食欲がなく嘔吐するのは、発汗が適しておらず、陽気の衰退(陽気衰微)を引き起こして胃の陽気が虚したために脈が数になったのである。
この種の脈数は虚熱(假熱)の現れで、水穀を消化できないので、食欲が無い。;胃中は冷えているため、虚気が逆上するので、嘔吐が発生する。


不当búdàng;適当でない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。