漢方関係

135.大陥胸湯

伤寒六七日,结胸热实,脉沉而紧,心下痛,按之石硬者,大陷胸汤主之。

外感病六七天,形成热实结胸证,脉象沉而紧,胸脘部疼痛,触按象石头一样坚硬的,用大陷胸汤主治。


外感の病で6,7日が経ち、熱実結胸証になり、脈は沈で緊、胸脇部が痛み、按ずると石の様に硬いのは、大陥胸湯を用いて治療する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。