漢方関係

134.大陥胸丸

太阳病,脉浮而动数,浮则为风,数则为热,动则为痛,数则为虚,头痛发热,微盗汗出,而反恶寒者,表未解也。医反下之,动数变迟,膈内拒痛,胃中空虚,客气动膈,短气躁烦,心中懊憹,阳气内陷,心下因硬,则为结胸,大陷胸汤主之。若不结胸,但头汗出,余处无汗,剂颈而还,小便不利,身必发黄。大陷胸汤。

太阳病,脉象浮而动数,脉浮主风邪在表,数主有热,动脉主痛,数又主虚,症见头痛发热,轻微盗汗,反而怕冷,这是太阳表证未解。
本应从表论治,医生反而用攻下的方法治疗,由于胃中空虚而无实邪,误下后邪气内陷,邪热与水饮相结于胸膈,所以出现脉动数变迟,胸胁心下疼痛拒按,短气,烦躁不安,这样就形成了结胸证,用大陷胸汤主治。
如果不形成结胸,只见头部汗出,到颈部为止,其它部位不出汗,小便不通畅,身体发黄的,则是湿热郁蒸发黄证。


太陽病で、脈が浮で動数。脈が浮は、風邪が表にあり、数は熱があることが多く、動は主に痛みである。数はまた虚も表し、頭痛発熱、軽微な寝汗、あるいは却って寒がる(怕冷)。これは表証がまだ解けていない。
表証から論治すべきを、医者が反して攻下法で治療すると、胃中が空虚となり実邪が無くなり、その後に邪気が内に入り、邪熱と水飲が互いに胸や腹の辺り(胸隔)で結びつくため、脈が動数から遅になり、胸や脇、みぞおち(胸脇心下)にさすされる事を嫌がる(拒按)痛みが出て、気が短くなり、イライラして落ち着かず(煩躁不安)になる。これが結胸証が形成されたためである。大陥胸湯の主治である。
もし結胸が形成されなければ、ただ頭部から首までの汗で、その他の部位には汗は出ず、小便が出なくなり、身体が黄色くなる。これは湿熱鬱蒸による発黄症である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。