漢方関係

143条

妇人中风,发热恶寒,经水适来,得之七八日,热除而脉迟身凉。胸胁下满,如结胸状,谵语者,此为热入血室也,当刺期门,随其实而取之。

妇女外感风邪,症见发热畏寒,适逢月经来潮,经过七八天,发热退而身体凉,脉象变迟,胸胁下满闷疼痛,好象结胸一样,谵语的,这是热入血室,应当针刺期门穴,以泄其实邪。


婦人が月経の時期に外感風邪に罹り、発熱畏寒の症状がみられ、7,8日が経つと発熱が引き涼しく感じ、脈は遅に変わり、結胸の様に胸脇の下が張って鬱滞し痛み、うわ言を言うのは、月経時に外邪の影響を受け、邪熱が虚に乗じて子宮にしたのである(熱入血室)。期門穴に針を打ってその実邪を追い出すべきである。


热入血室:出《伤寒论》。指妇女在经期或产後,感受外邪,邪热乘虚侵入血室,与血相搏所出现的病证。症见下腹部或胸胁下硬满,寒热往来,白天神志清醒,夜晚则胡言乱语,神志异常等。(百度百科)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。