漢方関係

144条

妇人中风,七八日续得寒热,发作有时,经水适断者,此为热入血室,其血必结,故使如疟状,发作有时,小柴胡汤主之。

妇人外感风邪,经过七八天,出现了发热怕冷定时发作的见症,月经恰在这时中止,这是热入血室。因为邪热内入血室与血相结,所以发热怕冷定时发作,好象疟疾一样,用小柴胡汤主治。


婦人が外感風邪に罹り7,8日が経ち、定時的に発熱怕冷の発作があり、月経が折しも止まるのは、月経時に外邪の影響を受け、邪熱が虚に乗じて子宮にしたのである(熱入血室)。そのため、邪熱と血が子宮で互いに結ばれ、マラリア(瘧)の様な発熱怕冷の発作が出る。小柴胡湯を用いて治す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。