読後感

徹底抗戦(堀江 貴文)

 所謂、「ライブドア事件」を当事者側から描いた作品(作品と言うより、記録に近いかも)。

 もちろん、堀江氏側の一方的な主張で、検察と堀江氏のどちらが正しいかは、この本と当時のマスコミ報道ではつかないけれど、あれだけメディアがこぞって起用していた堀江氏を、一瞬で極悪人にまで仕立て上げたマスコミ報道との平等を期すには良い一冊かも。
 
 今思えば、それこそ時代の寵児がごとくもてはやされた堀江氏を、「ニッポン放送買収」(ひいてはフジTVを傘下に置く)の行動に出た時からの、(マスコミの)異常なまでのライブドア叩きは確かに当時から違和感があったし、それを唱える意見もあったが抹殺されていた記憶がある。

 マスコミに喧嘩を売ったのが敗因かもしれないが、あの時ライブドアによるニッポン放送の買収が成功していたら、色んな面でメディア改革がなされていたのではないだろうかと思えて残念。

 それとは別に拘置所での実体験が綴られていて、事件の内容は関係なく、「そうなんだ。」と言う点で単純に面白い。ただし、こちらはタイトルの「徹底抗戦」と言う意味からは外れて「ただの体験記」だが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。