読後感

魔王(伊坂 幸太郎)

 良い意味で漫画チックに読める(読みやすい文体)。
 複線も多いし、呼んでいて「お、ここでつながるか。」と言う感覚も楽しい。

 2005年の発刊と言うことを考えれば、「なんとなく」の世論で誕生した今の民主党政権の誕生の過程を予言していたのか?っとも思えるくらい鋭い内容。(政権の内容は現実と作品では正反対に近いが)
 メッセージ性の強い作品で、登場人物の犬養の「おまえ達のやっていることは検索で、思索ではない」と言う台詞がそれを代表していると思える。

 逆に言えば、設定(超能力?)からもっとSFっぽいエンターティメン性のある作品だと思って読み進めていたので、最後は「え?、終わり?」っと、ちょっと拍子抜けした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。