読後感

H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ (岡田晴恵)

 島国で歴史的に(人口の何十%の命を奪うような)疫病が大流行したことのない日本(*1)で、政府、国民の認識の甘さに警鐘を鳴らす一冊。
 万一、強毒性鳥(*2)インフルエンザが流行したときの感染のシミュレーションが各登場人物の立場から描かている。

 とりあえず、マスクと食料は1カ月分キープしておこうかと思った。
 (ま、流行らなければ流行らないで、それはそれで良い事だし)

(*1)ひょっとしたらあったのかなぁ。
(*2)スペイン風邪(インフル)は弱毒性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。