読後感

ながいながいペンギンの話(いぬい とみこ)

 小学低学年向けの児童書。
 ひらがなばかりで、慣れるまでちょっと読みにくい(児童書なので、ひらがなばかりなのは当たり前)。

 南極の夏の終わりに生まれた2羽の子ペンギンの物語。

 文中に2度ほど出てきた

 「すてきです。」

 と言う単語の使い方が良かった。
 ほんと、すてきです。

 よちよち歩きの向こう見ず、ちょっと反抗期、人とのつながりの大切さを学ぶ、「すべき時にすべきをする」っという事を「とき」と言う2文字で、それぞれのシーンで表現している。

 ちょっと頑張りたくなる本。

 自分自身も確か小学低学年のときに読んだはずなのに、なんでこんな頑張ることを嫌う怠惰な大人になってしまったのか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。